浅田真央、『ホンマでっか!?TV』で語った結婚観に視聴者がドン引き

日刊サイゾー / 2020年10月9日 6時0分

写真

 10月7日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)にフィギュアスケート選手の浅田真央が出演。アマチュア引退後も根強い人気を誇る浅田のバラエティ出演に注目が集まっていたが、番組内で語った結婚観と周囲からの扱いに疑問の声が続出している。

 30歳の誕生日を迎えた浅田はこれまで男性に振られたことがないこと、反対に自分が振った経験があると、過去の恋愛を振り返った。そんな浅田も将来的には結婚したいようで、結婚相手の条件に「イケメン、身長180センチ以上、優しい、おもしろい」の4つを挙げ、その後も「結婚生活のイメージを色で例えると“カラフル”」「プロポーズはきれいな夜景の見える場所でしてもらいたい」と、結婚へのあこがれを語る。まっすぐな目で夢を語る浅田に出演者は「かわい~」「純粋~」を連発していた。

 しかし、出演者の浅田への好意的な態度とは裏腹にネット上からは、「浅田真央ちゃんってお姉さんも併せてなんだけど、言動を見聞きしていると、どこかしらで時が止まっちゃっている感じがある」「好きなタイプで最初にイケメンとか、浅田真央、本当に30歳か?中学生並じゃない?」「浅田真央、30歳の割に男性に求める条件が浅い…」「浅田真央の理想の相手の条件とか理想のプロポーズがベッタベタすぎて無理」と、厳しい意見が目立つことに。

 10代から注目されていた国民的ヒロインの浅田が30代になったことに驚きながらも、悪い意味で10代と変わらない価値観に戸惑いを覚えた視聴者も多かったようだ。

「ネット上では、れっきとした大人の女性である浅田を『かわいい』と、まるで子どものように扱う出演者への疑問の声も上がりました。国民的ヒロインであった浅田を特別扱いする気持ちはわかりますが、30代の女性であることに変わりはない。むやみにチヤホヤする出演者の態度が、かえって浅田の痛々しさを際立たせてしまったようですね」(芸能ライター)

 専門家の話を聞き、一度は「顔で結婚相手を選ぶのはやめようかな」と話す浅田だったが、その後の真剣お見合い企画では、結局好みの顔である落語家・瀧川鯉斗を選択。若い頃はやんちゃしていたという瀧川の話に目を輝かせていたところを見ると、どうやら少しワイルドな男性が好みらしい。

 イケメン好きは決して悪いことではないが、将来“顔で結婚相手を選んだものの失敗してバツイチ……”なんて事態にはなってほしくないものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング