小倉智昭、緊急避妊薬への反対コメントで大顰蹙! 次の改編期はいよいよリストラ確実か

日刊サイゾー / 2020年10月11日 21時0分

写真

 小倉智昭の的外れなコメントがいまだに尾を引いているようだ。

 9日放送の『情報プレゼンターとくダネ!』(フジテレビ系)で取り上げられた緊急避妊薬の話題。医師の処方箋なしに購入できるようにする方針を政府が出した件について、コメンテーターのカズレーザーが賛成の意見を述べると、小倉は「ご主人がどうしても子どもほしい、子どもに積極的で。でも奥さんは『まだほしくない』と思っていて、その直後にアフターピル飲まれてても、ご主人は気づかないわけですよね」と指摘。

 すると小倉のこのコメントにネット上では「小倉のコメント胸くそ悪すぎる」「女の体をなんだと思っているんだ」「たとえ婚姻関係にあっても望まない妊娠を強いるのはDVでしょ」といった意見が紛糾。小倉のコメントに対するバッシングが相次ぎ、いまだに番組に対する不信感を述べる声がやまないでいる。

 フジテレビは今期、ワイドショーの大幅なリニューアルを敢行した。11時55分から放送していた坂上忍MCの『バイキング』は『バイキングMORE』にタイトルを変えて、放送時間を拡大。それに伴って、安藤優子がメインキャスターを務めていた『直撃LIVE グッディ!』は打ち切りになった。さらに来年3月には『とくダネ!』が終了すると噂されている。

「とにかくフジテレビは経費削減に躍起になっている。ギャラの高い安藤優子さんも切られたし、『とくダネ!』も小倉さんのギャラが高すぎるのでいよいよ終わりだろうと見られていた。しかし、ここ最近同時間帯の『スッキリ』(日本テレビ系)の視聴率が落ちつつあって、相対的に『とくダネ!』が追いつけそうになってるんですよね。なので『もう少し粘ってみては……』なんて声も出てるようです」(テレビ局関係者)

 しかし、今回の緊急避妊薬についての炎上のように、小倉のMCとしてのコメント力も落ちていて、そろそろ潮時なのではないかという意見もある。

「小倉さんは、カズレーザーさんが政策に肯定的なコメントを出したので、そのカウンターになる意見をあえて出したかったんだと思う。小倉さんはああ見えて、思想や情報が偏らないように、MCとしてバランスを見るタイプなんですよ。ただ、今回の問題については勉強不足としか言えないコメントで、炎上しても仕方ないと思いましたね。番組としてのバランスを見すぎて、時代の流れを見誤った感があります。小倉さんも73歳ですから、そういう瞬発的な判断力は衰えてきているんでしょう。もう生放送向きではないのかもしれないですね」(構成作家)

 すでに視聴者からは「老害」といった批判も相次いでいる様子。そろそろ年貢の納め時か。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング