元SMAP・森の祝勝会開催でも“蚊帳の外”になりそうなキムタク…再結成への遠い道

日刊サイゾー / 2020年11月7日 17時0分

 元SMAPメンバーで現在はオートレーサーの選手として活動している森且行が3日、埼玉県川口市の川口オートレース場で開催された「第52回SG日本選手権オートレース」で初優勝を飾った。

 森の優勝を受け、「新しい地図」として活動する稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が連名で、中居正広は個人事務所、木村拓哉はジャニーズ事務所を通してそれぞれ、祝福コメントを発表。

「今や、5人とも3つの事務所に別れているが、『新しい地図』に中居が呼応。乗り遅れたのはキムタクだったが、世間体を気にしてか『それぞれの選んだ道で、それぞれが掴むもの。今後も健闘を祈ります』と素っ気ないコメントを発表した」(芸能デスク)

 そんな森の優勝から2日後の5日、香取は都内で行われたファミリーマート『ファミクリをヨヤクリ! 2020』の発表イベントに出席。各スポーツ紙によると、クリスマスの過ごし方を聞かれると「久しぶりに連続ドラマをやるので、その現場でキャストの皆さんとケーキを食べているかな」とコメントした。だが、報道陣の反応がイマイチとみるや言い直し、さらにその反応もイマイチだったため、「最近、日本一になった仲間と一緒にクリスマスパーティーをしたい!」と森の件に触れ、会場をわかせたという。

「おそらく、今後、元メンバーたちで森の祝勝会を開催するのでは。そこで思い出すのが、SMAPが解散した2016年のおおみそか。都内の高級焼肉店に稲垣、草なぎ、香取、そして当時、ジャニーズだった中居がそろったうえ、森も駆けつけた。にもかかわらず、キムタクは呼ばれなかったので、祝勝会にも呼ばれることはないだろう」(芸能記者)

 このままだと、たとえ一夜限りでもSMAPの再結成はなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング