深田恭子、不動産会社社長との結婚に暗雲か…目撃情報がなくなり“破局説”も

日刊サイゾー / 2020年11月13日 13時0分

写真

 一般男性との電撃的な結婚発表で世間を驚かせた石原さとみ。彼女の次にゴールインする大物女優は、同じホリプロ所属で、石原の先輩にあたる深田恭子と見られてきたが、結婚秒読みと噂された不動産会社「シーラホールディングス」の杉本宏之会長との関係を危ぶむ声が出てきているという。

 「11月2日で38歳になった深田ですが、今年に入ってから杉本氏との目撃情報がないんです。噂の“婚前契約”の条件がクリアしていないのではないかという情報もあって、すでに破局したという噂すら流れだしています」(芸能ライター)

 かつて、KAT-TUNの亀梨和也と結婚秒読みといわれていた深田だが、昨年1月、バツ2で“年商200億円男“と呼ばれるシーラホールディングス・杉本会長との熱愛情報をスポーツ紙がキャッチ。亀梨とは破局していたことが明らかになった。

「その後、昨年は2人の目撃情報が相次ぎました」(前同)

 4月上旬には2人で東京・銀座の高級ジュエリー店「ハリー・ウィンストン」を訪問。そこで深田が杉本氏から婚約指輪をプレゼントされたと報じられ、さらに5月上旬には、石川県金沢を旅行。観光地を巡って老舗料亭で食事をしただけでなく、結婚後に健康な夫婦生活を送るため、金沢で有名なセレブ病院で2人そろって人間ドッグを受診したという。

「着々と関係を深めていた2人ですが、今年に入って、弁護士を介して“婚前契約“を結んだという報道があったんです。契約内容は〈浮気やギャンブルをしない〉といったことから、離婚時の財産分与まで多岐に渡っているそうですが、その中で深田は杉本氏に、前妻との関係について期限を決めて解決するよう求めたという話もありました」(女性誌記者)

 杉本氏といえば、18年11月、再婚相手だった韓国人女優のオ・セジョンと離婚協議が成立しているが、離婚直後の翌年1月に深田との熱愛が発覚したことで、“二股疑惑“が報じられた。

 「深田が亀梨と別れたのは18年の夏。杉本氏との交際は、彼の2度目の離婚が成立した頃ですが、前妻のオ・セジョンさんが“離婚の原因は深田”と疑ったとしてもおかしくありません。それに杉本氏には、深田と交際する前に他の女性と半同棲していたという情報もあった。いずれにしても、離婚問題が尾を引いていたことは想像に難くありませんよ」(夕刊紙記者)

 今年に入って、2人の目撃情報がキャッチされないのは、杉本氏の離婚に伴う諸問題がいまだに解決せず、関係がギクシャクしたからではないかという見方もある。

「後輩の石原さとみの次は深田といわれながら、最近の話題といえば、現在フジテレビ系で放送されているドラマ『ルパンの娘』続編の低視聴率ぶりと、21年度のカレンダー用に撮影されたビキニ悩殺写真くらい。杉本氏との結婚話は聞こえてきていません」(前出の芸能ライター)

 熱愛発覚から約2年が経過した深田。周囲からは、杉本氏との交際を反対する声も上がっていただけに、結婚への道のりはまだ険しいのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング