ジャニーズJr.22歳の“定年制度”に「滝沢はスノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死

日刊サイゾー / 2021年1月18日 11時0分

写真

 ジャニーズ事務所が、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを公式サイトで発表した。これに対しファンの反応はさまざまで「一般の大学生が就職する時期に、いったん事務所と話し合える制度を作ったのは親切」など賛成の声もある一方、怒り狂っているジャニーズJr.ファンもいる。それもそのはず、現在の“推し”が22歳というタイムリミットによって辞めざるを得なくなる可能性が出てきたからだ。

 知人の広告代理店関係者いわく「SixTONES やSnow ManがジャニーズJr.時代、アラサーになるメンバーがいても誰も事務所をやめなかった。これは芸能界全体にいえることだけど、上の世代が居座ると下の世代は詰まってしまう。ジャニーズもこれを解消するためにスノストをデビューさせた意味合いもあった」とのこと。

 ジャニー喜多川は、平野紫耀たちの直談判でKing&Princeをデビューさせたのを最後に、デビューアイドルのプロデュース業からは足を洗った。最後のKing&Princeですら、ジャニーは当初SMAPのレコード会社だったビクターエンタテインメントに任せるつもりだったが、メリー喜多川&ジュリー藤島親子の横やりが入り、勝手にユニバーサルミュージックとの契約を進められてしまったと「週刊文春」で報じられていた。つまり、ジャニーはすでにJr.のデビューの裁量権を奪われていたということだ。

 そうした経緯もあってか最晩年のジャニーは、当時10代ばかりが集まるJr.のコンサート・舞台づくりに没頭。ジャニーが亡くなる直前の2019年春には、「シアタークリエ」で行われていた少年忍者の公演にほぼ毎日、髙橋優斗(HiHi Jets)や岩﨑大昇(美 少年)などを呼びつけたりもしていたそうだ。ジャニーは彼らを見学席で隣に座らせたり、岩﨑に舞台で演歌を歌わせたりと、完全に私的な楽しみに走っていた印象だった。

 ジャニーはそもそも「少年好き」だ。アラサーJr.への興味が希薄だったことも、ファンなら知っている。平均年齢がアラサーに差しかかろうとしていたスノストや宇宙Sixなど、“とうが立ったJr.”のケアを積極的に行っていたのが滝沢秀明だった。

 Snow Manを長く応援する古いファン曰く「ぶっちゃけSnow Manのアイドルとしてのピークは、10年前だと思います。Hey! Say! JUMPのコンサートでバックで踊っていてキラキラ輝いていた。当時のコンサート会場は、伊野尾くんのウチワ(Hey! Say! JUMP)より渡辺翔太(Snow Man)のウチワのほうが多かったことさえあったんですよ。そこから10年たって、スノのピークは過ぎちゃった。それでも2019年にデビューしてCDが100万枚売れました。現在はアイドルの苦労話=物語性が好まれる時代。ずっとデビューできずに下積みを重ねたスノの物語性をうまく世間に出して、好感度を獲得したのかなと思う。結果的に遅咲きのスノストは成功したし、タッキーだってアラサーJr.を重宝していた部分もあるのに22歳終了制度をつくるのはもったいないと思う」と語る。

 ジャニーは、ブロードウェイで40代~50代の役者が円熟味を出した演技をしている様子に感動し、年を重ねても客を楽しませるのが本当のエンターテイナーだとも語っていたという。だからAKBやハロプロが取り入れている卒業制度を作らずに、ここまできたのかもしれない。滝沢がせっかく成功させたスノスト高齢デビュー・ビジネスモデルを手放してしまうジャニー事務所。それが成功するのか失敗するのか、長いスパンで見守っていきたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング