大橋未歩「来世も夫と結婚したい!」のろけトークに「前夫の介護に感謝しろ」でサーバーダウン

日刊サイゾー / 2021年1月21日 23時0分

 夫婦の話をするたびに好感度が下がっているのを本人は自覚しているのだろうか。

 1月19日、元テレビ東京アナで現在はフリーの大橋未歩が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。15年に結婚した11歳年下のテレビ東京社員の夫に対するコメントに、一部の視聴者が眉を潜めていたようだ。

 「番組では、50代の女性の4割が『時を戻せるなら今の配偶者とは結婚しない』と答えたというアンケート結果を紹介。このことについて聞かれた大橋は、『来世も(現在の夫と)結婚したいです』『2回目(の結婚)で反省していると言うものありますし、勉強もしたし…』『やっぱり、(夫が番組を)つくるのが好きなんですね。面白いし、大好きですよ。今、幸せです』と、のろけまくっていました」(テレビ誌ライター)

 大橋といえば、07年に当時、ヤクルトスワローズの選手だった城石憲之と結婚。しかし、15年に女子アナ界では前代未聞の「離婚&再婚」を同時発表したことから、不倫を疑われたものだった。

 城石は13年に大橋が脳梗塞を患った時に献身的な介護をしていたことから、ネット上では「脳梗塞になった時に、半年以上、自宅療養で前夫の城石さんに看護してもらったことをなかったかのように話す恐ろしさよ」「毎朝、手作りのスムージーを飲ませるなど、城石さんの献身的な支えがあって、大病から復帰出来たことに感謝してるのだろうか」「女性の恋愛は、『上書き保存』と言われるけど、献身的に支えてくれた城石さんは『名前を付けて保存』じゃないとダメでしょ」といったコメントが並び、前夫への配慮のなさに嫌悪感を持った人が大勢いたようだ。

「大橋は17日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、自宅の写真を公開。毎年正月には夫と夫の両親とカラオケに行っていたことや、エアコンをつけない、便座を温めないといった夫のこだわりに従っていることなどを明かしていました。実は、大橋が嬉々として夫婦生活の内情を披露していた直後から、あるサイトでは『介護してくれた旦那をよく捨てられた』といった内容の記事が急速に読まれて、サーバーがダウンしかかったほどの反響があったそうです。女子アナでありながら、あけすけなトークもできる稀有な存在ではありますが、潜在的なアンチもかなりいるということでしょう」(出版関係者)

 ネット掲示板には「城石幸せになれよ」との書き込みもあったが、大橋はしばらく夫ネタを封印したほうがいいかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング