松本潤、大河も決まりいよいよ井上真央と結婚か? 後輩への示しをみせたいジャニーズの思惑

日刊サイゾー / 2021年2月2日 18時0分

 2020年末で活動を休止した嵐。大野智以外のメンバーはそれぞれ個人活動を続けているが、その中でも裏方に回ると思われていた松本潤に、大きな仕事が舞い込んできた。

「23年に放送予定のNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが決まった。正直、嵐のメンバーの中では仕事がまったくないかもしれないと言われた松本だけに、テレビ業界でも驚きのキャスティングとして捉えられている。脚本が『リーガル・ハイ』『コンフィデンスマンJP』(共にフジテレビ系)などで人気が高い、古沢良太氏が担当することが決まり、松本潤のキャスティングを猛プッシュしたとのこと。かなりの話題作になることが予想されます」(民放関係者談)

 役者としては、同じ嵐の二宮和也と評価に差がついていた松本だけに、大抜擢と言えるだろう。そんな松本に結婚の噂も立ち始めている。

「長らく噂されていた井上真央と、ついにゴールインするという情報がテレビ関係者の間で広まっています。井上は20年あたりから仕事をセーブし始めていて、めっきりとテレビで姿を見せなくなりましたが、これも松本との結婚に向けた準備だと言われている」(民放関係者談)

 井上は久しぶりの民放ドラマ出演となるはずだった『二月の勝者 -絶対合格の教室-』(日本テレビ系)の放送が延期したのも、結婚と関係があるという。

「受験ドラマで室内での撮影が多く、三密状態が避けられないとのことで、このドラマは延期となった。確かに、去年もっともコロナが危険視された頃に撮影予定だったので仕方がないのですが、その後に撮影され放送されている学園ドラマもあるだけに、辻褄が合わないと言われているんです。井上が、嵐の活動休止後に結婚をする方向で話が進んでいたので、スケジュールの調整が難しくなり、なかなかドラマの放送日が確定しないと言われています」(民放関係者談)

 そもそも、二人の結婚は嵐が活動をしていたときでもファンの間で歓迎ムードだったが、なぜここまで延び延びになってしまったのか?

「ジャニーズ事務所が、嵐のメンバーの結婚を認められなかったからです。松本は、事務所の言う通りに結婚を諦めていたので、その後に二宮が電撃婚をしたときの松潤の事務所への不信感は尋常ではなかったと聞きます。それだけ、松本にとっては井上真央と結婚したい思いが強かったんです」(週刊誌記者談)

 しかし、嵐の活動休止後はジャニーズ事務所も結婚を推し進める様になったとか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング