マンガ学部よりも就職はラク? 全国初のポピュラーカルチャー学部は成功するのか?

日刊サイゾー / 2012年1月20日 8時0分

写真

 昨年12月、全国で唯一マンガ学部を持つ京都精華大学が、今度はポピュラーカルチャー学部を新設することを発表し注目を集めている。この学部には、音楽コースとファッションコースの2つのコースが設置される予定だ。

 既に開設されている特設サイトでは、想定される就職先として音楽コースでは「ミュージシャン」「ソングライター」「DJ」「サウンドエンジニア」「音楽サイトや雑誌の編集者・ライター」「音楽プロデューサー」を、ファッションコースでは、「ファッションデザイナー」「バイヤー」「アパレルブランドプロデューサー」「ショップオーナー」「ファッション雑誌やウェブサイトのデザイナー・ライター・編集者」などを挙げている。加えてファッションコースでは「批評眼と伝える技術をもった批評家や編集者という、ファッション文化の担い手も育てる」とも記している。

 同大学のマンガ学部は定員200名あまりだが、そのうちデビューしたり、マンガ・アニメ業界に就職できるのは、ごく一握りに過ぎないのは既に知られている通り。

 華やかな職業を羅列したところで「そんなに、うまくいくものか?」と疑ってしまう。

 ところが、大学事情に詳しい人々に話を聞いてみたところ「これはなかなか手堅い経営戦略だ」という称賛の声ばかり。誰もが口をそろえるのは、学費を払うであろう親に対する訴求力の高さだ。

「才能の有無にかかわらず、音楽系の専門学校を志望する高校生は意外に多いのです。しかし、親は"学費を出すのであれば四年制大学に進学してほしい"と考えるのが当たり前です。このコースは、両者のニーズをうまく一致させているといえるでしょう」(都内大学職員)

 つまり、大学での授業内容や卒業後の進路は、「人並みに大学に行ってくれるんなら......」と、親の心をくすぐることができるものといえる。

 また、ファッションコースも、手堅い就職を期待させるコースだと分析される。

「全員がファッションデザイナーになるのはとても無理でしょう。でも、ショップの販売員であれば、さほど困難とは感じないハズです。おそらく、販売員になりたいギャル系の女のコあたりを入学志望者に想定しているのではないでしょうか」(同大学職員)

 さらに、音楽とファッション、どちらのコースもマンガ学部より「就職」あるいは「デビュー」させるのは簡単にできるのではないかという指摘も。

「マンガ家になるには、最低でも商業誌に16ページくらいの作品をひとつは掲載しなくてはならない。そのハードルは極めて高いといえます。けれど、音楽ライターやファッションライターならどうでしょう? ページの埋め草的な文章を400字でも書けば、デビューしたとしてカウントできますからね」(ファッション誌編集者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング