ELT持田香織だけじゃない!? やるせなす中村、KICK☆......オカルトにハマる芸人たち

日刊サイゾー / 2012年7月21日 8時0分

写真

 昨年から今年の頭にかけて芸能界をにぎわせた、オセロ中島知子の洗脳騒動。その衝撃もまだ記憶に新しい中、「週刊新潮」(新潮社)でEvery Little Thingの持田香織が「気功師に心酔している」と伝えられた。

 記事によると、持田は4~5年前から「声が出なくなった」と批評されることが多くなり、一時期スランプ状態に。そんな彼女の心の支えとなっていたのが、件の気功師だったのだという。あまりの心酔ぶりに、関係者は「これは中島知子と同じようになってしまうのではないか」と持田の今後を危惧しているようだが、実は芸能人がオカルトにハマるのは、珍しいことではないという。

「芸能人が心の支えを求めてスピリチュアル関係の人の元へ相談に行き、そのまま心酔してしまう例は昔から多かったのですが、最近はとくに芸人さんに多く見られるようです」

 そう語るのは、芸能関係に詳しい某ジャーナリスト氏。彼いわく、"最近、あの芸人さんを見なくなったな"と思ったら、占い師や気功師といった人のアシスタントや信者のようにぴったりついて回っていた、というケースが多々あるという。

 例えば、やるせなすの中村豪は相当な霊感の持ち主で、かつてテレビをはじめとしたメディアで引っ張りだこだった江原啓之氏も認めるほど、憑依されやすい体質なのだとか。江原氏に鑑定してもらった後はさらに心酔、今では彼の言うことをなんでも聞くようになっているのだという。

 実際、中村が露出を減らしたのも、江原氏の「このままテレビに出続けているのはよくない、今の状態を続けていると駄目になる」と忠告されたためだという。中村は現在、江原氏の講演の手伝いをするなど、まるで付き人のようなことをしているのだそうだ。

 また、同じくお笑い芸人で、ムエタイ選手や空手家などに扮してネタを披露していたKICK☆は、2010年から急遽サイキック芸人へネタの路線を変更した。しかし、これも超能力者の秋山眞人氏に弟子入りしたためだとされている。

 「ネタ見せ系バラエティ番組が軒並み終了し、活躍の場が減りつつある彼らはスピリチュアル系に救いを求め、そのまま依存してしまう傾向にある」と前出のジャーナリスト氏は語る。もちろん、心の支えとしてアドバイスを聞いているくらいであればいいのだが、極度に依存して芸能活動もままならなくなってしまう最悪のケースが起きないとも限らない。

 今後、第二のオセロ中島が出てくるのは時間の問題かもしれない!?

※画像はやるせなす中村 公式ブログより


【関連記事】

「むしろ創価ならよかった!?」ELT持田香織の気功師騒動で浮上した、音楽業界の"新たなリスク"

「アノ人の歌唱力で大丈夫!?」日テレ特番で露見したゆず・持田香織らの"真の実力"

「10億の損失を出しても言いなりに......」経営者や富裕層を狙う"スピリチュアル"の罠

「売名大成功!?」オセロ中島の洗脳騒動に乗じてボロ儲けする"もう一人の占い師"とは

「一心不乱に美顔ローラー」オセロ中島と同事務所のTKO木下にも"疑惑"の目

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング