「あのとき、実はヅラだった!?」実力派女優・蒼井優"ベリーショートヘア"事務所に無断で......

日刊サイゾー / 2012年9月22日 8時0分

写真

 女優の蒼井優が自慢のロングヘアをバッサリ切り、ショートヘアにしたことが話題となっている。

 15日に都内で行われた岩井俊二監督の映画『ヴァンパイア』の初日舞台あいさつで蒼井は「0歳以来、27年ぶりのショートカットです」と笑顔。20日発売の女性ファッション誌「mina」(主婦の友社)のインタビューでは、髪形を変えたことについて「髪が長いと何でもごまかせちゃうみたいなところがある」「髪の毛を切ることでもっと自分を追い込みたい」と告白している。ストイックな女優で知られる蒼井だけに「原点に返る」といった意味も込められているのだろう。

 その一方で、蒼井を知る芸能プロ幹部からは「そんな美談のような話ではありませんよ」という声も......。

 蒼井が髪を切ったのは8月中旬ごろで、それも所属事務所に"無断"だったという。「前日までロングだったのに、翌日来たら短くなっていた。彼女の周囲は大騒ぎでしたよ」とは映画関係者。突発的な行動であることを証明するように、当時は映画『るろうに剣心』の舞台挨拶の真っ最中だった。

 別の関係者は「映画での蒼井さんは当然ロングだし、プロモーションにもロングの髪形で出ていた。それがまだプロモーションが終わっていない段階でベリーショートにしてしまった。これは通常では考えられないこと。先月15日のプレミア試写会ではマネジャーさんが慌ててロングのヅラを用意し、彼女はそれをかぶって登壇していた」と明かす。

 主演の佐藤健や武井咲は蒼井の髪形について事前に聞かされていたことから、登壇直前まで「やばい、(髪形のこと)言いたい!」と話していたという。蒼井といえば、10歳年上の舞台俳優・鈴木浩介との交際で話題となったが、今後も"お騒がせっぷり"を発揮してくれそうだ。


日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング