あの元芸人"路上詩人"軌保博光が天国を創るニューヒーローになっていた!

日刊サイゾー / 2012年4月26日 8時0分

写真

 「地球に笑顔を増やす」というスローガンを掲げ、自然保護などの活動を行うNPO法人「MAKE THE HEAVEN」。

 設立者で、理事長を務める"てんつくマン"は、かつて山崎邦正とのお笑いコンビ"TEAM-0"としてダウンタウンの番組を中心に出演し人気芸人となるも、突如「やりたいことが見つかった」と1994年に吉本興業を退社。映画製作や、路上詩人を経て、2002年に本名の軌保博光から"てんつくマン"(「天国を創るニューヒーロー!?」に由来)に改名、現在の道へとたどりついた。

 昨年は、東日本大震後、チーム「め組JAPAN」を立ち上げいち早く現地入り。そこでのボランティア活動や、被災地の様子などを綴った著書『あきらめない生き方 ~小さな一歩を踏み出すための55のメッセージ~』(サンクチュアリ出版)は発売以降、多くの人々に勇気を与えている。

 地球に天国を創るため、行動力と、笑いと、少しきつめの関西弁を携え活動を続けるニューヒーローに話を聞いた。

――新刊『あきらめない生き方』を読むと、てんつくマンさんの行動力に圧倒されます。

てんつくマン 僕の生き方は、何が正しいとか何が間違えとか、そんなことより「感じたら動く」。絶望的な人を見たり、がれきの山を見たときはツライけど、僕はそこから目をそらしてることのほうが後でツライし、行ったほうがスッキリするんです。もちろん、行ってうつ病になるような人は行かんほうがいいと思う。そういう人は、自分が幸せに生きとったら、その幸せを見た次の人がまた幸せになって、元気がどんどん増えていくから。

――「め組JAPAN」は、いち早く被災地に向かわれたそうですね。

てんつくマン もともと「MAKE THE HEAVEN」の緊急支援部隊を「め組」って呼んでいて、過去にもイランや新潟に行ったんです。今回、地震が起きたときも、仲間から「め組出動するんやろ?」っていう連絡がいくつも来て、「そりゃ出動するでしょ~」って、すぐに準備を始めました。

――やはり「め組JAPAN」のような名称を掲げたほうが、仲間たちの士気は上がるんでしょうか。

てんつくマン 上がるね~。「JAPAN」って付けると、勝手に日本代表になったみたいな気分になるし(笑)。思い込み大作戦やね。あと士気でいうと、現地には「笑ったらあかん」って空気があったけど、とにかく僕らは笑うことばかり考えてた。僕らのエネルギーが下がってもうたら、人なんかサポートできへんから。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング