"黒ジャニーズ"路線が定着せず......EXILEのHIROが上戸彩との結婚に躊躇した「理由」

日刊サイゾー / 2012年9月26日 8時0分

写真

 EXILEのリーダーHIROが、かねてより交際していた上戸彩とついに結婚。なれ初めから結婚に至るまでのさまざまな情報が出ているが、結婚時期については「HIROが先延ばしにしたがっていた」との声も音楽業界内で聞かれる。

「HIROは結婚を機にEXILEのリーダーの座を降りて、総合プロデューサーの仕事に専念する心づもりでした。しかし、EXILEが09年の増員以降めざしてきた、傘下グループからもヒットを生み出す"黒いジャニーズ"路線がいまひとつ定着せず、いまなおEXILEのコンサート活動が、事務所の収益の柱となっている状態です。現在のコンサートの内容ではHIRO抜きのステージは考えられず、彼としては事務所の多角化に成功した時点で結婚&脱退を......と考えていたようですが、業を煮やした上戸に押し切られた格好ですね」(マネジメント関係者)

 Jポップ界全体が不況に苦しむ中、いち早く大型コンサートに活路を見だしたEXILEは、勝ち組のひとつに数えられている。しかし、ここにきてJポップ界では、コンサート動員の頭打ちという問題に直面。すでに新たなビジネスモデルの模索が始まっており、EXILEもそれと無縁ではないという。

「EXILEのリーダーHIROは、エイベックスの松浦社長の"舎弟"出身なのは有名な話ですが、ここにきて相当なプレッシャーを掛けられているといいます。現在、エイベックスは音楽事業に依存したビジネスモデルから、映像配信や芸能マネジメントを軸とする総合エンタメ業務へと転換中です。そんな中、コンサートで大きな収益を上げ続けるEXILEは優等生ではあるものの、今後はそれだけでは十分ではありません。AKIRA主演の『GTO』(フジテレビ系)が及第点の視聴率を取ったことでタレント化路線も一応のメドが立ちましたが、彼に続くメンバーがいないという課題も残っています」(同)

 かねてより音楽業界では、所属事務所社長というHIROの立場は"お飾り"的なものであり、実際の経営は同社実力者のA氏が取り仕切っていると見られてきた。こうした体制は、EXILE人気が上り坂の時期であればなんの問題もないが、仮に停滞期に入った場合には「HIROの経営手腕はやはり大したことない」とバッシングがHIROに向かう可能性がある。HIRO自身は先の見通せない音楽業界の情勢を踏まえ、ちまた言われるような「社長業への専念」には慎重であるという。

「今回の結婚では、HIROの経営者的な部分に光が当たっており、本人は内心焦っているのではないでしょうか。面倒見のいいダンス界のアニキというのが実際の彼のキャラ。辣腕ビジネスマンというのは柄ではないと思いますよ」(イベント関係者)

 幸せそのものに見えるビッグカップルといえども、将来に関する不安のタネは尽きないようだ。
(文=越谷由紀)


【関連記事】

「CM露出は1位だけれど......」上半期ランキングに見る"女王"上戸彩の凋落と武井・剛力時代の幕開け

「社長業はフェイク!?」上戸彩をゲットしたEXILE・HIROの意外な評判

Jポップ界は"黒いイケメン"だらけに!? EXILEビジネスが増殖するワケ

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング