激太り、肌荒れ、幼児化......洗脳騒動のオセロ中島知子、ホントの深刻症状とは

日刊サイゾー / 2012年2月27日 8時0分

写真

 オセロ中島知子の"洗脳騒動"が報じられて久しい。女性占い師Iさんは、中島が住む都内の超高級マンションと、隣接する個人事務所名義のマンションを往復するなど、メディアでもその姿を報じられる機会が増えてきたが、肝心の中島は一向に姿を現さない。

 週刊誌カメラマンは「昨年の後半から定期的に張り込んでいますが、夏に1度その姿を見ただけで、半年以上は目撃されていない。『死んでるんじゃないか?』と物騒なことを言い出す者もいますよ」と話す。

 中島の近影写真は、週刊誌やテレビ各局にとってノドから手が出るほど欲しい"代物"。

 「仮に持ち込まれたら、100万円から価格交渉が繰り広げられるでしょうね」とはワイドショースタッフ。実際、中島は今どんな姿なのか? 情報を総合すると「激太り」「肌荒れ」「幼児化」が進行していると思われる。かつては身長164センチで体重は50キロ台だったのが、Iさんと親しくなるにつれ、急激に太り始めた。

 これはIさんの"お告げ"でステーキや焼肉など高カロリーの食事を連日食べたことによるもので「おまけに一切運動しない。現在も肉食中心の生活で、体重は80~100キロ台とウワサされています」(事情通)という。

 食生活が乱れれば、肌も荒れる。

 「昔は小麦色で健康的な肌でしたが、今は吹き出物も出て、ボロボロなんだとか。エステなどのメンテナンスにも行っていないので、一気に老け込んだと思われます」(前出のワイドショースタッフ)

深刻なのは"自我の崩壊"だ。マインドコントロールの症状で最も顕著なのがこれで、Iさんのことを信じきるあまり、Iさんの指示なしでは動くこともできず、中島は"思考停止"状態になっている可能性が極めて高い。

 週刊誌デスクは「幼児退行に近い。中島さんは子どものように、何をするにも親であるIさんの許可がないと行動できない。Iさんとの関係が切れた後も、専門のカウンセラーをつけて長期間の治療が必要と思われます」と語る。それほどマインドコントロールは恐ろしいのだ。


※画像は松竹芸能公式サイトより


【関連記事】

「迫るXデー」"篭城"するオセロ・中島知子にいよいよ警察権力が介入か

「顔面をセロテープだらけにしていた」オセロ・中島知子の芸能界復帰どころじゃない現状

コンビ解散へ――?「オセロ」中島と松嶋の修復不能な亀裂と"休養問題"

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング