1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「写真がキレイ過ぎ!?」ぜんぜん盛り上がらないGACKTとICONIQの熱愛報道

日刊サイゾー / 2012年6月27日 8時0分

写真

 これまで数々の大物カップルの交際をすっぱ抜いてきた写真誌「フライデー」(講談社)の7月6日号が、歌手のGACKTとICONIQの熱愛を報じている。

 同誌によると、2人は昨年行われた、共に所属するレコード会社・エイベックスのライブイベント「a-nation」がきっかけで知り合い、その後、関係者を交えての食事などを経て交際に発展。都心にある高級フレンチレストランで約3時間にわたって食事を楽しみ、店内で見つめ合い手を取り合う姿や、店を出た後に手が触れ合いそうな微妙な距離を取って歩く姿が掲載され、別れ際にはGACKTが名残惜しそうにICONIQをハグしてタクシーに乗り込む姿を見届けたと書かれている。

 とはいうものの、掲載された店内外の写真を見ると、ピントもバッチリで、"隠し撮り"だったはずなのに、かなりキレイなショット。それぞれのアーティストイメージを崩さないような"配慮"がなされているような気がしてならないのだが......。

「GACKTはもともと、隠密行動が得意で私生活をさらけ出さないようにしているので、スクープ写真を撮るのはかなり難しい。にもかかわらずあんな写真が撮れるなんて、あらためて『フライデー』の情報収集能力とカメラマンの腕には脱帽! と言いたいところだが、どちらもエイベックスに所属しているだけに、今回はエイベックスからのリーク説が有力です。同誌のある幹部はエイベックスと関係が深く、そういう可能性が高い」(女性誌カメラマン)

 確かに、GACKTは7月から9月にかけて、原案・主演など1人5役を手がける舞台『MOON SAGA』の東京・名古屋・大阪公演を控え、一方、ICONIQは今年3月に2作同時にデジタルシングルを発売したぐらいで、ほとんど目立った活動がないだけに、GACKTとの熱愛報道は名前を売るいいきっかけとなった。

「GACKTといえば、かつて、CMで共演した女優の米倉涼子との熱愛が報じられたが、交際の実態がなく、CMのPRであることが見え見えだった。ICONIQとの関係だが、セレブやモデルの集まるパーティーでGACKTが自分の彼女として関係者に紹介していたので、交際の事実は間違いない。ICONIQを再ブレークさせるための"仕掛け"ならば、十分に今回の報道が出たメリットはある」(スポーツ紙デスク)

 在日韓国人のICONIQはかつて韓国でアイドルグループのメンバーとして活動し、その後、別の芸名で日本で女優活動をしていたが、その過去を隠して2010年に丸刈りにしてデビュー。かなりのインパクトだったが、その後、鳴かず飛ばずとなってしまっただけに、今回の報道も盛り上がりに欠けた。

 プライベートでは元サッカー日本代表の李忠成と交際していたこともあるが、GACKTとの交際をどう自身のプロモーションにつなげるかが注目される。

※画像は「フライデー」(講談社)7月6日号


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング