「レコ大の不正は徹底的に暴く」TBS『日本レコード大賞』審査委員からいきなり外された夕刊紙が怪気炎

日刊サイゾー / 2012年8月28日 8時0分

写真

 TBSが毎年年末に放送している『日本レコード大賞』をめぐって、審査委員の大幅なリストラが行われることになり、関係者の間に激震が走っている。

 審査委員は、TBSサイドの『レコ大』事務局と日本作曲家協会が委嘱する形で、スポーツ紙・一般紙・夕刊紙・通信社の記者などが行うというのが長年の慣例になっていた。

 ところが今年、審査委員として一票を投じる権利を持っていた夕刊フジと東京スポーツなどが、審査から外されることになったのだ。

「9月に第1回目の審査会があるんですが、その出席のお願いが8月上旬にスポーツ紙の審査委員などに届きました。ところが、夕刊フジと東スポには届かなかったのです」(関係者)

 そこからジワリと騒ぎが始まった。事の発端は、投票をめぐる内部のゴタゴタだったという。同関係者が証言する。

「実は、『フジサンケイグループだけが、一般紙の産経・スポーツ紙のサンスポ・夕刊紙の夕刊フジの3紙から審査員が出て投票するのはおかしいじゃないか』という議論が起こったんです。朝日/日刊、毎日/スポニチ、読売/報知というように、各グループ2票ずつじゃなきゃダメだと。それで、夕刊紙を審査会から外すということで話がまとまった。東スポは、トバッチリを受けた形です。ただ、TBSの上層部や事務局の中には東スポの報道姿勢を快く思っていない者も少なくないですから、"最初から東スポ外しが狙いだった"という線もありますよ」

 このリストラ騒動、表向きは"経費節減"のためとされ、東スポ、夕刊フジ以外にも系列局の2票が削減されている。

「審査会への出席謝礼は、本番も含めて4回で1人20万円。4票で80万円の節減というわけです。TBSも、それだけ苦しいということですよ」(スポーツ紙記者)

 放送日が大みそかから12月30日に移って以降、視聴率も15%を超えるなど好調なコンテンツに復帰しつつある『レコ大』。だが、これらの投票はすでに有名無実化しており、実際には「音楽業界の大物たちの"調整"で大賞や新人賞などは決まる」(前出関係者)という。

 「レコ大の不正、癒着は徹底的に暴く方向で全社一致していますよ」

 理不尽に投票権を取り上げられた夕刊紙の関係者は、怪気炎を上げた。


※画像はTBS『第53回 輝く!日本レコード大賞』


【関連記事】

BIGBANG、東方神起も危ない! 日韓関係の悪化で年末の賞レースに異変も!?

『レコ大』新人賞はAKB48岩佐美咲か、13歳新人民謡歌手か......芸能界の重鎮たちが"調整"に奔走中

『レコ大』意味不明の飛び入り、結婚報道にガチ反論......迷走するEXILEに大ヒンシュク

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング