「主役以外やらない」主義の豊川悦司が"二宮和也の2番手"に甘んじた裏事情

日刊サイゾー / 2012年3月28日 8時0分

写真

 現在、来年公開の映画、東野圭吾原作・二宮和也主演のミステリー『プラチナデータ』の撮影中のトヨエツこと豊川悦司。最近あまりドラマや映画でその姿を見る機会が少なくなっていたが、それには"ある理由"があったという。

「実は、これまでにもドラマや映画のオファーがたくさんあったそうなんですが、どれも2番手、3番手の役どころで、主役の話はひとつもなかったんです。それで、最近は年に1本くらいのペースでしか出演していませんでした。本人としては、『俺は主役以外やらない』と頑なだったそうです」(芸能事務所関係者)

 また、今回の作品は主人公を執拗なまでに追跡する、執念の刑事役となるのだが......。

「5年前に主演した映画『犯人に告ぐ』で演じた巻島史彦という刑事役に強い愛着を感じていて、本人は『この役以外で刑事モノはやりたくない』と、オファーを断っていたそうです。ただ、この作品は続編もありませんし、そうこうしているうちに、以前ほど作品のオファーが届かなくなったそうです」(映画関係者)

 これには、さすがに事務所の社長も焦ったという。なにせ、事務所の稼ぎ頭であるトヨエツが働かないと、事務所が回らないからだ。

「社長は、トヨエツと歳が近い役所広司や竹中直人らの名前を出して、『あの人たちは2番手、3番手でも仕事をしてるだろ? そうやって仕事をすることで主演の仕事も来るんだよ』と説得したそうです。それでトヨエツも『全部、社長に任せます』と納得。社長が猛営業して、今回の仕事を取って来たそうです」(前同)

 主演ではないトヨエツがどんな演技をするか楽しみだ。


【関連記事】

「嵐・二宮の影響で......」女優を目指すも仕事がない佐々木希 ついに"引退宣言"!?

「お互い頑固で......」嵐・二宮和也と松山ケンイチの不仲で『GANTZ』続編製作に暗雲!?

嵐のメタボ二宮和也 ファンが「佐々木希との破局を求める署名」120人分を事務所に送付

佐々木希と交際発覚! 嵐の"スキャンダル王"はやっぱりニノだった!?

押尾学を逮捕した麻布署が酒井法子とジャニーズ大物との関係を捜査中

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング