「男運抜群!?」芸能界入りからキャバ時代の人脈を駆使しまくった井上和香の剛腕人生

日刊サイゾー / 2012年4月29日 8時0分

写真

 23日付のサンケイスポーツが、女優の井上和香が自身の誕生日である5月13日、交際中の映画監督・飯塚健氏と婚姻届を提出し結婚することをスクープした。

 同紙によると2人は、飯塚氏の監督作品『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』の撮影が始まった昨年3月に現場で知り合い、撮影終了後の同5月、役者仲間ら複数での食事会で再会。井上は飯塚監督の役者に分け隔てなく接する姿に、飯塚監督はスタッフからも愛される温かい気持ちを持つ和香に惹かれ、ほどなくして交際をスタート。ゴールインに至ったという。井上は今月19日から飯塚監督が脚本・演出を務める舞台『FUNNY BUNNY-鳥獣と寂寞の空-』に出演中というから、これ以上ない格好のPRとなった。

「サンスポがスクープしたのも納得。なんといっても、同紙の芸能デスクは井上が芸能界入りする前に六本木の人気店・Nでナンバー1キャバクラ嬢だったころからの熱烈な"サポーター"で、井上がグラドルとして芸能界デビューする際にも大々的に紙面でPRしていた。井上にとっては、キャバ嬢時代にはたっぷりお金を落としてくれて、芸能人になったらタダでPRしてくれるありがたい存在に違いない」(芸能プロ関係者)

 キャバ嬢時代の写真付きダイレクトメールが出回るなど、キャバ嬢であったことが半ば公然の事実となっている井上だが、2006年にドラマ『黒い太陽』(テレビ朝日系)でヒロインのキャバクラ嬢を演じた際には制作発表会見で「今までやったことのない役柄なので悩むこともありますが、共演者の方々の力をお借りして、演じ切りたい」と淡々とあいさつ。たしかに、演じたことのない役柄ではあったが、井上の中でキャバ嬢時代は"なかったこと"になっているようだ。

「Nにはかなり多くの芸能界関係者が訪れていたが、芸能界入り後、井上はお客さんだった関係者に会っても平気で『どうも、初めまして』とあいさつしたという。とはいえ、芸能界入りのきっかけも、常連客だった大手出版社の漫画誌担当編集者から事務所を紹介してもらい、さらにはその漫画誌でグラビアデビューを飾ったから、かなり根性が据わっている」(出版関係者)

 デビュー時はグラビアやDVDが中心だったが、ここ数年は女優業にシフト。これまでプライベートでは09年に演劇ユニット・TEAM NACSの戸次重幸と交際3カ月で破局したぐらいしか浮いた話がなかったが、結婚相手の飯塚監督は今後ますますの活躍が期待されるだけに、「飯塚監督も井上を起用すれば話題になるだろうから、井上の女優業はしばらく安泰。結局、芸能界入りから"男運"に恵まれていたようで、ナンバー1キャバ嬢時代に磨いた、男を見分ける目は大したもの」(週刊誌記者)。

 女優としての井上にとっては、大きなプラスとなる結婚に違いない。


※画像は『井上和香写真集「IW」』(学習研究社)


【関連記事】

「ギャラの9割+運転手」を要求!! 鈴木京香がケイダッシュに仰天売り込みで門前払い

三谷幸喜ファミリー分裂の危機!? 鈴木京香が激怒した意外な理由とは

「ついに真田広之とゴール!?」鈴木京香が事務所辞めLAに豪邸購入

四十路の逢引...真田広之と鈴木京香"熱愛"が発覚!?

SMAP香取、京香に海老蔵......問題だらけの大物映画がコケまくる松竹の正念場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング