「あの人に頼めば大丈夫!」中日・落合元監督の名参謀の球界中に知れわたる"裏の顔"

日刊サイゾー / 2012年4月30日 8時0分

写真

 今季からOBの高木守道監督が指揮を執る中日ドラゴンズだが、開幕から12勝7敗2分(24日現在)で3年連続のリーグ優勝と5年ぶりの日本一奪回を目指し、首位を快走中だ。

「2004年から8年にわたってチームを率い、4回のリーグ優勝と1回の日本一に輝いただけでなく、毎年Aクラス入りしていた落合博満前監督の鍛え上げたチームはそう簡単には負けない。ただ、主力の平均年齢が高いだけに、夏場を迎え、ベテランを中心に故障者や離脱者が続出しないかが危惧されるが......。中日の強さの秘けつは圧倒的な投手力だが、そうなったのも、落合政権で投手コーチ、バッテリーコーチ、ヘッドコーチを歴任し、自分に声をかけてくれた落合前監督と一緒に退任する"侠気"を見せた森繁和氏(現・野球評論家)の功績が大きい」(球界関係者)

 そんな森氏がこのほど、自著『参謀 落合監督を支えた右腕の「見守る力」』(講談社)を上梓。落合前監督が帯に「私が、ユニフォームを着るなら必ず森繁和を呼ぶ」と、野球人としてはこれほどの名誉はないレベルの推薦文を寄せているだけあり、「発売直後に増刷が決定。この勢いだと、落合前監督の近著『采配』(ダイヤモンド社)を超える勢いの売り上げ」(出版関係者)というが、表紙は絶大なインパクト。

 ビシッと髪を整え、色つきのメガネをかけ、あまりサラリーマンが着用しないようなスーツを着こなした森氏がおどけたポーズをとっているだけに、森氏を知らない人が書店で見つけたら、「この人はもしかして......」とあらぬ疑念を抱きそうだが、その"裏の顔"は球界中に知れわたっている。

「森氏の別名は『球界のトラブル・シューター』。よく各球団の首脳陣や主力選手の口から『あの人に頼めば大丈夫!』『森さんはいざという時に頼りになる』と聞こえてきた。森氏は"球界の寝業師"の異名をとった故・根本陸夫氏に、直々に口説かれて西武入り。根本氏とは親子を超えたような関係で、根本氏は自分の"後継者"に森氏を指名。根本氏が亡くなるまでに、その人脈をほぼ引き継いだといわれている。自軍の選手のみならず、表沙汰にはならなかった数々のトラブルを解決。中日時代には、某スター選手の警察沙汰を穏便に収めた。もともと熱血漢で、自著によると落合氏から『(選手に)手だけは出すな』と言われ必死にガマンしていたようだが、その風貌もあって、選手たちは森氏の前では若手・ベテランに限らず緊張の面持ち。今シーズンの中日ナインにはもうあの緊張感がないだけに、物足りないのでは」(プロ野球担当記者)

 森氏は自著で、「具体的にはいっさい書くわけにはいかないが、たくさんのトラブルの種を、表沙汰になる前になんとか収めてきたことだけは確かだ」と意味深な一文をつづっているだけに、これまでの野球人生、グランドの外でもかなりの修羅場を乗り越えてきたに違いない。

※画像は『参謀 落合監督を支えた右腕の「見守る力」』(講談社)


【関連記事】

「"洗脳"の次は"裏金"だ!」スキャンダルしか価値がなくなった巨人軍に群がるマスコミ

誰も球界の盟主には逆らえない!? 裏金疑惑で明らかになった巨人の"暴君"ぶり

「開幕投手も白紙に......?」ダル&栗山監督も苦言の"ハンカチ"斎藤佑樹が甘すぎる!?

盟友・三宅久之氏が語る渡邉恒雄の本当の(?)顔「傲岸不遜なだけでトップなんて務まらない」

読売社会部OBでジャーナリストの大谷昭宏氏が勧告する「ナベツネ辞任のススメ」

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング