加山雄三か火野正平か......ポスト『ちい散歩』は情報よりキャラ重視!?

日刊サイゾー / 2012年4月30日 8時0分

写真

 先日、地井武男の長期療養で放送終了が決定した『ちい散歩』(テレビ朝日系)に代わり、後継番組として、加山雄三の『若大将のゆうゆう散歩』が5月7日よりスタートすることが発表された。

 それにしても、かつては『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)ぐらいしかメジャーな散歩番組がなかったのに、『ちい散歩』『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)の大人気によって、続々と登場している散歩番組。

 『ちい散歩』に関しては、番組内でも生稲晃子がパロディコーナーのようなものを展開し、他局でもさまざまなパロディが登場していたほどの浸透度だったものの、残念ながら終了。

 1995年より放送されている『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)や、4月5日で第3シリーズが終了した『ブラタモリ』(同)など、さまざまなスタイルの散歩番組はあるけれど、ブームの先駆けとなった『ちい散歩』の抜ける穴は大きいのではないだろうか。

 そこで、今後注目したい「散歩番組」について、テレビ雑誌記者に聞いてみた。

「『火曜サプライズ』(日本テレビ系)内~京本政樹・柳沢慎吾の『京さま慎ちゃん都バスで飛ばすぜぃ!』は、柳沢慎吾がハイテンションでスベりまくり、京本政樹との食い合わせの悪さを楽しむ番組かと最初は思ったのですが......意外なほど二人がからみ合ってしまっていて、予想外に"フツー"なんですよね。また、非常に気の毒だったのが『ぶらぶらサタデー 有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系/4月21日放送)。いかにも会議室で生まれた企画らしく、ムリヤリ有吉さんに毒づいてもらおうという安直な設定が見え見えで、有吉さんのテンションが異様に低く見えました」

 そんな中、注目している1つは、NHK BSプレミアムの火野正平出演『にっぽん縦断 こころ旅』だそう。

「視聴者からのお手紙によって、視聴者のこころにある忘れられない風景を自転車で訪ねるという内容ですが、全部を自転車で移動するわけじゃなく、途中で電車に乗っちゃったり、ときにはトラックに乗せてもらったりと、案外テキトーで気ままなところ、関係ないところで脱線したりするところも『ちい散歩』の精神に最も近いかもしれません」(同)

 また、不定期でごくたまにしか放送されないものの、『火曜サプライズ』内「カッキー&オカッキー 東京おつまみMAP」も捨てがたいそう。

「岡江久美子さんと賀来千香子さんの二人が、お箸片手に商店街グルメをおつまみしまくるというもので、最初は『なんで賀来千香子?』と思ったんですが、仲良し二人の息はピッタリ&オバちゃんパワー炸裂で、散歩番組としては珍しい女性の散歩ということも新鮮です」(同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング