"キャッチコピー"の時代は終わった!?  テレビ局CMに見る最新広告事情

日刊サイゾー / 2012年7月30日 8時0分

写真

 CG化された芦田愛菜がテレビ画面いっぱいに広がっていく、フジテレビの夏のキャンペーンCM「ドバドバ!フジテレビ」が6月末から放送され、ネット上などの一部では「怖すぎる」と話題になっている。

 思えば、フジテレビのキャッチフレーズといえば、90年代の「きっかけは、フジテレビ。」をはじめ、かつては時代の最先端を行く印象があったもの。

 だが、2000年代以降、02~05年に「きっかけは、フジテレビ。」を復活させているように、新しい表現はほとんど生まれていないように思う。近年のものを見ても、「生みます。」(10年秋)、「ミトカナイトフジ!」(11年春夏秋)、「ピカる★フジテレビ」(12年春)など、どうもパッとしない。

 また、他局においても、たとえばTBSのキャッチコピー「それ、TBSがやります。」は、80~90年代のノリのよう。

 テレビ朝日の場合は、キャッチコピーを用いず、11年より「エクスパンダ星からやってきたパンダ王子」なる「ゴーちゃん。」を公式マスコットキャラクターとしているが、これも昔からの手法ではある。

 かつては広告表現の先端を行っていたはずのテレビ局CMが、なぜ古い印象になっているのか。

 広告関係者は言う。

「『キャッチコピー』を使うという手法そのものが、やや古くなっている気はします。今は『ラッピングカー』などが街を走り、それを見た人たちが写メを撮って、Twitterなどで一気に広めていくという時代。とにかく口コミ効果が非常に大きなものになっているので、宣伝方法としても、お金をかけてテレビCMを打つよりも、イベントなどを行って、一般の人に口コミしてもらう仕掛けを考えることが増えているんです。スポンサーとなる企業が、広告媒体としてテレビを一番に考えていないということはあると思いますよ」

 ただし、同関係者によると、「口コミ狙いのイベントの乱立によって、疲弊している広告関係者も少なくない」そうだ。

 キャッチコピーによって「イメージ」を売る広告手法は、もはや過去のものとなりつつあるのだろうか。テレビの世界も、広告の世界も、楽な仕事はさせてもらえない時代になってきているようだ。

※画像はYouTube フジテレビ公式サイトより


【関連記事】

もう失敗できないフジ「花王提供枠」の明暗はいかに!? 夏ドラマ初回レビュー(前編)

「どうなってんだ! なんとかしろ!」芦田愛菜主演ドラマ視聴率ひとケタで"芸能界のドン"が不機嫌モード

「過去にはセクハラ連発も......」また不祥事のフジテレビ長谷川豊アナ"島流し"先のNY支局で......

「内部リークか?」怪文書まで流れたフジテレビ・平井理央アナウンサー寿退社の舞台裏

ドラマのリメイクは鬼門!?  EXILE・AKIRA主演の『GTO』に早くも暗雲

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング