あの騒動の舞台裏を振り返る! 芸能界珍プレー好プレー2011

サイゾーウーマン / 2012年1月2日 12時0分

写真

 2011年も意外なニュースやあり得ない事件が相次いだ芸能界! 今回はタレントたちじゃなくその所属事務所、芸能プロダクションにスポットを当てて、衝撃ニュースの裏側や、誰も気が付かなかった事件の裏側に迫っちゃうぞ♪ 株をあげたプロダクション、さげちゃった事務所はど~こだ?

■オスカープロモーション

 オスカープロモーションはCM女王だった上戸彩が結婚間近とも言われており、昨年からは若手の売り出しに力を入れ始めた。しかし、第二の上戸といわれる武井咲や剛力彩芽について世間では「ゴリ押ししすぎ」と冷ややかな反応も。武井は『家政婦のミタ』(日本テレビ系)にオファーがあったのに「主演じゃない」という理由で忽那汐里にチェンジしたという情報もあり、力の入れこみ方は伝わってくるのだが、惜しい選択だった。空前の大ヒットとなった『ミタ』を傍目に、社内はしょんぼりムードだという。忽那としてはようやく看板番組に巡り会えたわけだから、素直にそちらを祝ってあげるべきでは......。

■バーニングプロダクション

 昨年11月、郷ひろみが元プロ野球選手の娘との交際が発覚した際、バーニングプロダクションが週刊誌の取材に「まったくの初耳で、分かりません」と冷たいリアクションをとったという。「誰の娘だ」と"犯人探し"に躍起になるマスコミの一方で、バーニング御用達のメディアは完全スルー。一部では「倉持明日香のことでは」というガセ情報が実名掲載されたほどだが、これは「バーニングに近い関係者が行ったミスリード」(芸能ライター)という声もあがっている。結局、交際情報自体は本当のようで来年結婚とも目されている。藤原紀香と証券アナリストとの交際はノリノリでPRを仕掛けていたが、なぜか郷についてはデリケートな扱いとなっている。

■スターダストプロモーション

 Twitterで韓流・フジテレビ批判した高岡蒼佑を解雇にしたスターダスト。これまでにも高岡は危険な交友関係がささやかれたり、元タレント・金原あすかとの不倫などスキャンダルが絶えなかった。しかし、それでも高岡を庇い続けた同社ではあったものの、テレビ局が関わると対応が一変。高岡が自らのTwitterで「スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました」と報告し、契約解除について「自ら切り出してはいない」として解雇であることをうかがわせた。さらに離婚が決定的となった年末になり、宮崎あおいがV6・岡田准一の不倫疑惑が報じられるなど、その後の泥沼化を考えるとこのタイミングで高岡を切ったことはファインプレーといったところか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング