J・ビーバーにも近寄るなオーラ! C・アギレラ、裏の顔を暴露される

サイゾーウーマン / 2012年5月2日 12時0分

写真

 2011年4月からオーディション番組『ザ・ヴォイス』の審査員として予想以上の活躍ぶりを見せ、歌姫としての地位を取り戻しつつあると伝えられていたクリスティーナ・アギレラ。しかし、激太りに拍車がかかり始めた昨年末から、イメージが再度ダウン。今まさにピンチを迎えていると報じられている。そんな彼女のことを、『ザ・ヴォイス』にゲスト出演した、イギリスの人気ボーイズ・グループが、「ビッチ」だと滅多切りし、大きな話題となっている。

 クリスティーナのことを、「ビッチ」だと断言したのは、2009年にイギリスで結成された5人組のボーイズ・グループ「ザ・ウォンテッド」。オーディションを勝ち抜いた、イギリスとアイルランド出身の青年たちで構成されており、2010年にリリースしたデビュー・シングル『All Time Low』で、いきなりイギリスのシングル・チャート第1位を獲得。今や、「ワン・ディレクション」と共に、イギリス・ボーイ・グループのブーム旋風を巻き起こす存在になっていると注目されている。

 ジャスティン・ビーバーの敏腕マネジャーが手掛けていることもあり、アメリカでの知名度もうなぎ上りであるザ・ウォンテッドは、4月に入ってすぐにアメリカの国民的オーディション番組『アメリカン・アイドル』にパフォーマンス出演。17日に『ザ・ヴォイス』にゲスト出演し、パフォーマンスを披露した。両番組で拍手喝采を浴びたのだが、後日、彼らはクリスティーナのせいで、とても不愉快な思いをしたと激白したのだ。

 ニューヨークのラジオ局にゲスト出演した、ザ・ウォンテッドのマックス・ジョージは、『ザ・ヴォイス』の番組収録後、バックステージでクリスティーナが彼らに対して冷たい態度を取っていたことを暴露。「僕らと話すことを拒否していた」「正直言って、怖かったね」と明かした。続けて、トム・パーカーが「はっきり言って、彼女はビッチだ!」と吐き捨て、「現実の世界では、彼女はビッチじゃないのかもしれないけれど、オレたちにとってはビッチだったね。すぐそこに座っているのに、オレたちと会話を交わすこともしなければ、見ようともしないんだ」と述べた。

 シヴァ・ケインスウォーランも「かなり失礼な人だったね。ここまでひどい人の話、聞いたことあるかい?」と呆れ返った口調で言い、ネイサン・サイクスは「あの日は、たまたま機嫌の悪い日だったのかもしれないね」とフォローを入れたものの、「ジャスティン・ビーバーにも、ひどい態度取っていたしね。彼がハグをしようとクリスティーナに歩み寄った時、“近寄るんじゃないわよ! あっちに行きなさいよ!”オーラをプンプンに出していたし」とエピソードを披露した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング