1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

予知夢? 記憶の整理? 鮮明に覚えている夢=“霊夢”は無意識からのメッセージ

サイゾーウーマン / 2012年7月3日 12時0分

写真

 最近、夢鑑定などにおいて、霊夢を見たという人が増加傾向にあります。不思議な夢を見た、予知夢かもしれない……など、夢に関する問い合わせが、この数年、あきらかに増えているというのです。

 夢は無意識からのメッセージ。起きている間は、意識や理性によって抑えられている「あなたの本音」を映しだす鏡でもあるのです。また、夢を探ることで、自分の本音と向き合うことができます。しかし、夢は無意識が支配する世界なので、論理性はなく、何がいいたいのかわからない場合が多いです。

 そんな迷宮を歩く場合の道案内が「夢占い」です。文化や環境の違いによって、多少、意味合いが異なるケースがありますが、人類共通の記憶のガイドライン。あなたの心の声を導いてくれる標識となるでしょう。では、夢にはどんな種類があるのでしょうか?

 夢には大きく分けて、「雑夢」、「心夢」、「霊夢」があります。

■「雑夢」
 一過性のもので、メッセージ性はありません。たとえば、その日に起きた出来事や、テレビや雑誌で見たこと、過去の記憶などによってあらわれる夢です。
「テレビで、ケーキバイキングの特集を見たら、夢でケーキがあらわれた」など。

■「心夢」
 想いや迷い、欲望などから見る夢。日常思っていることや、心の深い部分(本音)が夢となってあらわれます。悪夢なども心夢である場合が多く、罪悪感や不安などによって見やすいでしょう。たとえば、最近、生き埋めのシーンを見たり、話を聞いたわけでもないのに、「生き埋めになる」夢を見た場合は、心夢。大きなストレスがかかっていたり、束縛を感じたり、圧力をかけられている時に見やすくなります。
 
■「霊夢」
 かなりメッセージ性が強い夢。霊夢とほかの夢との違いは、「鮮明に覚えている」という点。夢は見た後すぐに忘れてしまいますが、1週間経っても、その夢のことが気になるという場合は、霊夢の可能性が高いでしょう。霊夢の種類は、いつも見る夢と変わらない場合もありますが、まぶしい光や何度も同じシーンを夢に見る、亡くなった人たちが出てくるなど、不可思議な夢の場合もあります。霊夢は、魂へのメッセージなので、いつまでも気になって仕方がないという場合は、夢占いなどで分析してみるといいでしょう。

 たとえば、「2週間前に、白い蝶がひらひら飛んでいる夢を見た。その白い蝶のことが気になって仕方がない」というのであれば、霊夢。夢分析をすると、蝶は、「あなたが人生で大切な時期を迎えている」と知らせています。その幸せによって、あなたは大きく成長できると、夢は伝えているのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング