さとう珠緒の芸能界生命が危ない!? 事務所女社長がイケメン俳優と逃避行......

サイゾーウーマン / 2012年3月3日 8時0分

写真

 先日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、さとう珠緒の所属事務所社長が"夜逃げ"していたと報じた。さとうは収入激減で、仕事もパチンコ屋の営業などドサ回り的なもので食いつないでいる現状だという。

 1996年、『出動!ミニスカポリス』 (テレビ東京)でブレイクしたお色気タレントだったさとう。その後は瞳をウルウルさせながらねっとりと話す"ぶりっ子キャラ"がウケ、バラエティにも多数出演するようになった。「2000年代前後がタレントとしてのピークでしょう。またかつては大物アスリートと不倫関係にあったり、珠緒は常に男性が側にいないと心が安定しないタイプのようです」(芸能ライター)

 所属事務所の女社長は、そんなさとうと20年来の付き合いで、記事によれば珠緒も同事務所の取締役を務めているという。知人による「社長は本業以外のエステサロンなどに失敗し、珠緒の稼ぎの大半は運転資金に回されてしまっていた」という近況の証言が掲載されていたが、真相はまた少し違ったようだ。

「社長が夜逃げして連絡も取れないのは確かですが、そもそもの原因は金銭トラブルというより男女関係だったようです。彼女は所属俳優のひとりに入れ上げてしまい、事務所の運転資金から珠緒の稼ぎまで、すべてをその俳優に貢ぐようになってしまった。そのためタレントたちへの給料未払いまで発生する事態に陥り、今回の報道につながってしまったそうです」(芸能プロ関係者)

 現在でもさとうは所属事務所のホームページに名前が掲載されているが、社長とは誰も連絡が取れずにサイトを更新することもできない状況だという。代表の番号に電話をするも「現在使われておりません」とのアナウンス。そして先の関係者が明かす所属俳優の名も、いまだサイト上に掲載されている。

「桐島優介という俳優が、事務所の女社長と関係を持ってしまったのがすべての原因だったようです。ふたりは同棲中で、珠緒をはじめ所属タレントたちも『おかしい』ということにはだいぶ前から気付いていたそうです。結局、社長は桐島とともに行方不明になってしまったため、中途半端な形で契約も残っている珠緒は他事務所に移籍することもできず、困惑する日々が続いているのだとか」(前出芸能プロ関係者)

 かつては「女性が嫌いな女タレント」の代名詞だったさとうだが、40歳を目前にして窮地に陥ってしまっている。現在は家族や交際相手が支えになり、なんとか現状から抜け出せるよう本人も努力を続けているという。テレビ露出が減って以来、AVやヌードの報道が相次いでいたさとうだが、まずはこの泥沼状態から脱出を図れるよう祈りたい。

※画像はさとう珠緒公式サイト>より


【関連記事】

「金とってんのに最低だね!」Jr.メンバーが関ジャニ∞をTwitterで批判

元モー娘。石黒彩、父の借金を肩代わり? 親族で食い違う不可解な闇

「紀香さんのこともあるでしょ?」海老蔵が声を潜めた風水師・ユミリー との関係

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング