紳助引退から1年、「疫病神がいなくなってよかった」という芸能プロの本音

サイゾーウーマン / 2012年9月3日 9時0分

 引退後は、さまざまな女性問題が報じられた紳助だったが、共演者たちや所属事務所もその事実には気づいていたという。

「紳助さんは、単にMCというだけでなく、企画からキャスティング権まで行使できるプロデューサーのポジションにいた。所属タレントたちにブレイクのきっかけを与えてくれたのも事実ですが、疫病神がいなくなってよかったというのが本心です。『呪縛から解き放たれるきっかけになった』とでも言うべきでしょうか」(別の芸能プロマネジャー)

 現在でも、紳助の復帰説は飛び交っているが、「あれほどの引退劇から復帰したとしても、以前までのような調子でやっていくとは考えられません。あの『紳助が絶対』という空気から解き放たれて、現在は番組スタッフも活き活きしてますよ」(前出マネジャー)

 引退を惜しむ人間も大勢いることも事実だが、やはり現場レベルからすれば、ホッとしたというのが本当のところのようだ。何の音沙汰もなかった1年が過ぎ、果たして今後動きが出てくる日は訪れるのだろうか。


【関連記事】

一般人になって幹部との交際は? 島田紳助さん引退会見の歯切れの悪さ

ダウンタウンの元マネジャーが涙...... 島田紳助さん引退会見の舞台裏

島田紳助番組、新司会者でどうなった? 視聴率が上がった番組、下がった番組



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング