赤西仁、映画公開延期に妻のスキャンダル写真流出で絶体絶命か!?

サイゾーウーマン / 2012年9月4日 9時0分

 8月中旬に、2度目の“公開延期”が発表されたキアヌ・リーブス主演映画『47RONIN』。同作は、赤穂浪士の物語をベースにした3Dアクションであり、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子ら大物日本人俳優に加え、元KAT-TUNの赤西仁が大石主税役を演じることでも注目を集めていた。

(画像はこちら)


 当初は、今年11月にアメリカ(今年12月に日本)で公開される予定だったこの作品。しかし、今年の4月「予算オーバーを含めた製作上のトラブルで、追加撮影が必要になった」とのことで、来年2月への公開延期が発表された。今回の2度目の延期は「キアヌの追加撮影のスケジュールが合わなかったことに加え、3D効果作業に遅れが出た」ことが理由だそうで、来年のクリスマス公開を目指して、8月下旬~9月にかけて再撮影が行われているという。

 ちなみに、日本での公開日は今のところ未定。再来年の1月、もしくは春あたりになるのでは? との説もあるが、それでもまだ1年半以上先の話だ。

「今回の追加撮影は、配給元であるユニバーサル・ピクチャーズが『キアヌ・リーブスの出演シーンが少ない』と苦言を呈したことが原因といわれています。ですから、新たなバージョンではキアヌをより際立たせて、サムライたちのシーンが大幅にカットされる予定とか。ウワサによれば、その中には赤西演じる大石主税の出演シーンも含まれているらしいんです。ただでさえ出番が多くないのに、削減されてしまったらどうなるんだろうと、周囲は戦々恐々としているようです」(芸能記者)

 現在、辛うじてジャニーズ事務所には所属しているものの、公式ファンクラブは消滅し、あれほど熱望してきたアメリカでの音楽活動もストップしている赤西。テレビや雑誌などメディアへの露出もほとんどなく、ファン離れだけが進む危機的状況に陥っている。

「もはや世間からは『過去の人』状態ですよね。仕事を干されているこういう時こそ、公式TwitterやFacebookでメッセージを発信して、ファンとの交流を大切にすればいいのに、飽きてしまったのかどちらもまったくの放置状態。10月のメイサの出産で、少しは話題に上るでしょうが、このままの状態が続けば、以降はあっさり消えるでしょう。ジャニーズ事務所としても、彼の仕事獲得のために動く気はないようです……」(ジャニーズに詳しい記者)

 それでも、愛する妻と子どもがいればなんとか頑張れるはず……だが、そんな彼のハートにさらにダメージを与えそうなのが、暴露系雑誌B誌にもすっぱ抜かれ、ネット上にも流出しているメイサ(らしき女性)のスキャンダラスなショットだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング