『徹子の部屋』のゲストはSHELLYなのに、板東英二ネタで大盛り上がり

サイゾーウーマン / 2012年4月5日 12時0分

写真

 3月29日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)のゲストは、SHELLY。冒頭でも「毎日この方をご覧になっています」と徹子に紹介されていたが、現在ラジオ含めて9本のレギュラーをもつ売れっ子だ。徹子は笑福亭鶴瓶と共演していたトーク番組『A-Studio』(TBS系)をよく見ているようで、「いつもねえ、非常におキレイで知的でね、いいなと思ってるんですけど」と、お気に入りの様子。

 この手放しのほめ攻撃に、SHELLYも「いえいえ」「全然です」と恐縮しまくりだ。しかし、徹子をもっと夢中にさせたのは、この知的でお洒落なSHELLYの苦労人トークだった。

 18歳までモデルとして活躍した後、仕事がパタリと途絶えてしまったのだという。「どうしたんでしょうね?」と徹子が言うが、それが分かれば苦労はしない。そして、

「バイトがアナタ、肉体労働みたいな?」

 バイトが中古車解体業というガテン系だということで、さらに食いつき度アップだ。この下積み苦労話をかなり気に入ったのか、トークが他の内容に移っても、徹子は「でもダメだったのねぇ」と何度も反芻するように、その苦労話に戻ってくる。

 かと思えば、苦労話の延長で、彼女の父親が営むレストランでもアルバイトをやっていたというエピソードになり、今度はその店の名物でもあるアメリカンサイズのハンバーガーのほうが気になっちゃったよう。

「日本の人はそういうの、すっごい食べたいと思う、アタシ」

 なんでもお肉だけで300グラムもあるらしい。ジェスチャーまじりにハンバーガーの厚さを表現しながら、

「こういう薄いのしか食べてないから。こんなのって」

 いいなぁと思ったってことでしょうか。さて、SHELLYといえば、同じ事務所の大先輩・板東英二にかわいがられていたことでも知られている。そして板東と徹子といえば、『世界ふしぎ発見!』(TBS系)での長年の共演者。ということで、ふたりの板東英二トークに花が咲く。SHELLYが、

「ヤなおじいさんだなと思って、私。最初嫌いだったんですけど」

 と言えば、徹子は、

「アタシのこと、何かって言えば『お母さん』って。お願いだから、アタシはね、アナタのような息子を産んだ覚えはありません、って言うんだけどね」

 下げながら、「でもいい人」ということ。この板東ネタでますますエンジン快調な徹子さん、食事をふるまってくれた板東が、「イワシでんがな」と言ったのを聞き、「イワシデンガナ」という、料理の名前だと思ったという、「徹子のすべらない話」的なエピソードまで披露。空気の読める子・SHELLYはヘタを打たずに、控えめな受け答えに徹する。それゆえか、気がつけば、「ええ」「そうなんですか」「知らないですよね」と、すっかりSHELLYが聞き手になってますが。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング