一周まわってむちゃくちゃ面白い!? コウメ太夫が人気芸人を瞬殺

サイゾーウーマン / 2012年6月6日 12時0分

写真

「コウメ太夫で笑う芸人など存在するのか?」

 お笑い芸人にとっては失礼すぎる疑問ではある。だけど、「コウメ太夫」だから許され、成立する。そういう遊びだ。

 コウメ太夫のことを、ちょっとまとめてみようと思う。女性物の着物に白塗り姿で登場し、「犬にかまれた」とか、「まんじゅう食べたら石だった」みたいな自虐ネタ風のことを語って、最後に大声で「チキショー!」で締めるという漫談系のネタで、数年前に『エンタの神様』(日本テレビ系)でブレイク。しかし、その後はほとんどテレビで見かけることのない、一発屋芸人といったところだろうか。『エンタ』当時は「小梅太夫」だったけれど、途中でカタカナ表記に変わったらしい。

 さて、冒頭の疑問が投げかけられたのは、5月29日放送のTBSの深夜番組『テベ・コンヒーロ』。番組名の意味はなんだかよくわからないが、検証番組の体をしたお笑い番組で、コウメの件が今回の検証のお題ということだ。

 その「疑問」に対して、今回の出演者であるロンドンブーツ1号2号の田村亮、おぎやはぎ、有吉弘行が、口をそろえて「笑ったことがない」と言う。その理由づけとしての有吉は、

「だって、『エンタ』で笑ったことないんだもん」

と、発言。さりげなくコウメだけの話じゃなくなってるけれど。そうしたら、司会者の田村淳が恐ろしく高いハードルを設定してきた。

「コウメ太夫で笑ったら即引退SP!」

 いきなりダウンタウンの「笑ってはいけない」系の流れになってしまったが、笑ったら、棒で叩かれたりタイキックされたりじゃなくて、引退! そりゃあ大変だ。そうこうするうちに、コウメ登場。「♪チャンチャカチャンチャン……」。「笑ってはいけない」と構えて見てしまうことで、これだけでもう面白い気がしてくる。

「コンビニの近くに引っ越したと思ったらぁ〜 コンビニがつぶれました〜〜……チクショー!」

 確かにコウメネタ、こんな感じだった。そして一同、笑いをかみ殺しているではないか。いきなり大ピンチだ。やばい。

「押したら『おはよう』としゃべる人形を〜 私が押したら『ヤメテー』と言われました〜〜……チクショー!」

「ククク……」と、MCだけど、淳、引退。

「♪偏差値の低い学校に入学したら〜 先生がチンパンジーでした〜〜……チクショー!」

 全員完全にアウト。しかし、「ウソばっかり言う」(亮)とか、「あんなネタのクオリティで笑うわけない、プロの芸人が」(矢作)などなど、あくまで茶番は続く。淳なんてもう、笑いすぎて涙まで出てるのだが、笑ったのではなく、「悲しいだけだから」とか言ってるし。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング