痛い目に遭っても治らない! 男性セレブの浮気&不倫への執着がすごい

サイゾーウーマン / 2012年5月7日 8時0分

写真

 アメリカで毎週のようにタブロイドを賑わせているセレブの浮気・不倫報道。破局・離婚原因になり大きなイメージダウンにもなってしまう浮気・不倫だが、男性セレブたちは性懲りもなくやってしまうようだ。

 アメリカで最も人気の高い女優ジェニファー・アニストンを妻に持ちながら魔性の女アンジェリーナ・ジョリーと浮気し離婚してしまったブラッド・ピット、とっかえひっかえ女性と浮気し妻にぶち切れられ、晒し者にされた挙句莫大な慰謝料を払って離婚したタイガー・ウッズ。家政婦と自宅でおイタをして隠し子まで作り世間に大きな衝撃を与えたアーノルド・シュワルツェネッガー。人気、名声共にある大物セレブたちも、浮気・不倫で痛い目に遭っているのである。

 今回は、そんな浮気・不倫をした男性セレブたちの中から、興味深いエピソードを持つ「不倫&浮気をしたセレブ(男性版)たち 5」を選出してみた。

■第5位 ヒュー・グラント

 エリザベス・ハーレイという美女と長年に渡り交際し、お似合いの英国カップルだと言われていたヒュー・グラント。結婚間近かと囁かれ始めた1995年、ヒューは滞在先のアメリカで黒人売春婦と車の中でオーラル・セックスを楽しみ、現行犯逮捕されてしまった。警察で撮影されたマヌケ顔のマグショットが一般公開され世間の笑い者になってしまったヒューだが、エリザベスは彼のキャリアのことを考え我慢。しかし、2000年に2人は別れてしまった。

 ヒューは2010年に映画『噂のモーガン夫婦』のプロモーションで来日した際、作品のテーマである浮気について聞かれ、「浮気をした後には消すことができない深い傷が残ることになる」「女性は怖い。英国アカデミーのトロフィーで殴られたこともある」と発言。日本には「不倫は文化だ」という迷言があることを教えられると、「たぶん、どこの国でもそうなんだろうね。誰にも言わないけど、みんな、裏じゃ優雅に浮気しまくってるんだから」と述べ、さすが説得力があると話題になった。

■第4位 エリック・ベネイ

 音楽業界から大絶賛されているR&B歌手のエリック・ベネイが、ハリウッドで最も成功した黒人系女優と呼ばれているハル・ベリーと婚約したのは1999年のこと。2人は2年後に結婚し、エリックはマライア・キャリー主演の『グリッター きらめきの向こうに』に出演するなど、俳優としての活動も活発化させるようになった。しかし、精を出していたのは仕事だけでなく、女性関係も。複数の女性たちと浮気を繰り返し、ハルから愛想をつかされ、結婚生活たった3年でピリオドを打つ結果に終わってしまった。エリックはこの時、「自分はセックス依存症を患っている。ハルを裏切るつもりはなかった」と弁解していた。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング