CIAの暗殺説が飛び交う米活動家、"イチモツ男"との仰天計画が明らかに!?

サイゾーウーマン / 2012年3月8日 12時0分

写真

 3月1日、43歳の若さで他界した保守右派の過激な活動家アンドリュー・ブライトバート。オバマ大統領に関する重大な秘密を握っているとの発言をした直後の突然すぎる死であったため、大統領がCIAに指示を出し暗殺したのではないかというウワサが、ネット上ではまことしやかに流れている。そんな中、米「FOX Nation」が仰天ニュースを伝えた。アンドリューが、民主党下院議員の座から引きずり降ろしたアンソニー・ウィーナーと共に、CNNで討論するという番組の企画が進んでいたというのである。

 保守派新聞「ワシントン・タイムズ」に寄稿したり、反オバマ運動である保守派のポピュリスト運動「ティーパーティー」でスピーチをするなど、一貫して共和党を支持し続けているアンドリューは、民主党は悪だと声を上げ続けてきた。彼は複数のブログを運営し、民主党政治家のスキャンダルを暴露してきており、一部メディアからは、「でっちあげだ」「金目当ての乞食三流活動家」と叩かれている。しかし、彼は左翼マスコミのプロパガンダと徹底的に対抗すると宣言し、過激さをエスカレートさせながら活動してきた。

 昨年5月、ニューヨークの民主党下院議員であったアンソニー・ウィーナーが、Twitterで複数の女性に自身のイチモツ写真を送りつけことが発覚し、大スキャンダルとなった。アンソニーは、次期ニューヨーク市長選の最有力候補とみられていたが、世間に与えた衝撃は大きく、議員を辞職。このウィーナー"イチモツ"スキャンダルを暴露したのもアンドリューであった。

 米大手ニュース専門放送局FOXニュースが運営する、保守派ニュース・サイト「FOX Nation」は、アンソニーと、彼にこの上ない屈辱感を与えたアンドリューが、右派・左派の立場から議論する討論番組を制作する企画が進んでいたと報道。放送するのは、あの大手ニュース番組のCNNであり、実現していたら間違いなく大ヒット番組になっていたことだろうと伝えた。

 もし番組が制作されていたら、アンドリューの知名度は世界的なものとなっただろう。毎週放送する番組であるため、大統領選にも大きな影響を与えたと思われる。とはいえ、妻子持ちのアンソニーがハレンチ騒動からノコノコと番組に出てくるとは考えにくいという声も多く、「オバマ大統領に殺されたという仰天説をバックアップしたいがために、こんな情報を流した」ともみられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング