ファンの怒りがジゼルに飛び火? スーパーボウル終了後の珍騒動

サイゾーウーマン / 2012年2月9日 12時0分

写真

 5日に行われた、「全米のお祭り」ことナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王者決定戦、第46回スーパーボウル。試合は、ニューヨーク・ジャイアンツが残り1分を切ったところでタッチダウンし逆転。ニューイングランド・ペイトリオッツを21対17で下し、4度目の優勝を手に入れた。ペイトリオッツは4年前のスーパーボウルでも、今回同様、第4クオーター終盤での逆転負けをきしている。悔しくてたまらないペイトリオッツ・ファンたちは、怒りの矛先を世界一稼ぐスーパーモデルのジゼル・ブンチェンに向けていると伝えられている。

 ジゼルは3年前に、ニューイングランド・ペイトリオッツの花形選手トム・ブレイディと結婚。2009年末には長男を水中出産しており、トムは世界一美しい妻、かわいい息子にめぐまれた幸せな男だと言われてきた。

 しかし、今回のスーパーボウル直前に、ジゼルが友人や親族に「トミーには私たちの祈りが必要だと感じるの。今は、私たちのサポートと愛が必要なのよ」という長々とした文面の電子メールを送っていたことが判明し、「トミーだってよ」「祈って勝てるもんなら世話ないだろ」と鼻で笑われるハメに。スクープしたのは、試合相手である宿敵ジャイアンツの地元ニューヨークの新聞「New York Post」だったこともあり、ペイトリオッツ・ファンたちは、試合前からジゼルに対して悶々とした気持ちを抱いていた。

 ジゼルの尻にひかれていると陰口を叩かれたトムだが、5日のスーパーボウルでは試合を通して大活躍した。一時は、ジャイアンツを17対9と大きく引き離しリード。さすが3度のスーパーボウル優勝を経験しているトムだ、とファンを大喜びさせたが、後半ではジャイアンツが反撃を開始。試合終了間際に逆転され、ペイトリオッツは屈辱的な敗北を味わってしまった。悲しみに暮れるペイトリオッツ・ファンは、その後、米芸能サイト「TMZ」が流した動画に唖然とすることになる。

 この動画は、試合後、硬い表情でマスコミのインタビューに向かうトムに、待ち伏せしていたジゼルが飛びつき、彼の耳元で「最高のゲームだったわ。本当に見事だった」とささやく姿を収めたもの。トムは第36回、第38回スーパーボウルのMVPを獲得しているほか、2008年には1試合でのパス成功率92.9%というNFL記録を作っており、今回のスーパーボウルが、彼にとって最高のゲームではないことは誰の目から見ても明らか。トムは硬い表情を崩さず、ジゼルに「インタビューがあるから向こうで待ってくれ」とだけ言っていた。この動画を見たペイトリオッツ・ファンは、「最悪なゲームだったのに」「トミー、トミーって言うのはいいけど、ウソはいけないだろう」と呆れ返ってしまったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング