本当の意味での“いい男”に出会える、男を見る目がある人の特徴とは?

サイゾーウーマン / 2012年4月10日 9時0分

写真

 恋をしたいけれど「いい男」がいない……とお嘆きのあなた。「いい男」とはどういう男性でしょうか? 友達から紹介されたイケメンと付き合ってみたけれど何かが違う、せっかく好きになっても、「あの人いい男じゃないよね」という友達の一言で気持ちが冷めてしまうなど、周囲の人気や意見に左右されてしまっては、あなたにとっての「いい男」に出会うことはできません。

 「いい男」とは誰かが設定するものではなく、自分自身との関係性で決まっていくもの。自分にとって「オンリーワン」の相手を見つけられる人が、本当の意味での「いい男」に出会え、「男を見る目がある」とも言えるのです。もちろん世間の評判も大切。ですが、外面がよくても、あなたに対してぞんざいな態度を取るような男性なら、それはやはり「いい男」ではありません。

 今回は、世間や周囲の言葉に左右されず、自分だけのいい男を見つけることができる、、男を見る目がある星座を紹介します。いい男がいないと思うあなたも、参考にしてみては?

■第3位 魚座 相手の長所・短所をしっかり見極められる

 人は誰しも長所と短所を両方持っているもの。魚座は、相手の長所、素敵なところを目ざとく見つけることができる星座です。そして、近くにいるだけで相手の良いところにドキドキして好きになってしまう恋愛体質でもあります。

 人が一生に身近に接することができる異性は、家族や同級生、同僚や友達など全部含めても百人程度。まして大人になるにつれ、新しく接する異性はどんどん減っていくなかで、出会った相手の良さを瞬時に感じとれる能力はとても貴重! いつかどこかにいる誰か……ではなく、今ここにいる相手にドキドキできるということも大切です。

■第2位 牡牛座 五感をフル活用して自分にぴったりの相手を見わける

 牡牛座は、他の星座よりも、嗅覚、聴覚、触覚、味覚が発達している星座です。実は男性選びでとても大事なのが「外見以外の要素」。つまり、相手のにおいや声、さわり心地など、視覚以外の4つの感覚の相性なのです。もちろん、容姿(視覚)の好みも無視できませんが、「美形は3日で飽きるが不細工は3日で慣れる」ということわざ通り、長く付き合うには容姿以外の感覚的な相性のほうが重要なのです。

 とくに匂いは、普段あまり意識しませんが、無意識に大きく影響してきます。実際に、自分のDNAと相性のいい相手のにおいを好ましく思うというデータもあります。五感が敏感な牡牛座は、容姿だけで判断しないので、一目惚れはほとんどありませんが、自分にぴったり合う相手かどうか嗅覚、聴覚、触覚を使ってしっかり判断するので間違いがないのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング