関ジャニ∞・錦戸亮の特製『パパドル!』Tシャツ、目立ちすぎて視聴率アップ?

サイゾーウーマン / 2012年6月11日 8時0分

 現在、放映中の関ジャニ∞錦戸亮主演ドラマ『パパドル!』(TBS系)。1987年に中山美穂主演で放送された『ママはアイドル!』を原案にしたリメイク作で、アイドルの関ジャニ∞・錦戸亮が、コンビニで出会ったバツイチ3人の子持ちの一般人(優香)と極秘結婚し、その裏で起こる子どもたちとのバトルやドタバタ劇を描いた作品だ。

(画像はこちら)


『ひるおび!』『ひみつの嵐ちゃん!』『はなまるマーケット』などTBSで放映中のバラエティやドラマとコラボレーションしたり、嵐の櫻井翔、大野智、関ジャニ∞メンバーらジャニタレが本人役で登場するなど、現実とドラマの境界線が行ったり来たりする設定、アイドルのリアルな心理や現場の裏側が垣間見えるところも視聴者にとってはたまらない要素のひとつ。さらに踏み込んだマニアなら、TOKIO・城島茂が元アイドルの居酒屋店主役……というのも、しびれる設定ではないだろうか。

 物語も第7話の放送を終えラストに向けて佳境に入っているが、そんな中、共演者のひとりである俳優の鈴木亮平が「座長」錦戸亮が出演者&スタッフ全員に贈ったという、オリジナルの“スタッフTシャツ”をブログで公開してくれた。

 背中には「No matter what, I will always be me(何があっても、俺は俺で居続ける)」との言葉がプリントされているこのTシャツ。表側にはなんと! 「撮り下ろしの、錦戸くんの写真がプリント」されているというファン垂涎の品だ。街を着て歩けばかなり目立ちそう……なのだが、鈴木曰く「素材がテロテロしてて、着心地がめっちゃいい」とのことで、第7話の放送日だった6月7日には、これを着用してジムへと出かけ、近所にドラマのPRをして歩いたという。

 ちなみに、スタッフTシャツをプライベートでも「ガシガシ着るタイプ」だという鈴木。以前もブログで公開してくれた、関ジャニ∞・大倉忠義制作の『生まれる』のパーカーも「いまだに着てますからねー」「だって、もったいないやん(笑)?」とのことで、ここまで大切にしてくれれば作った側も本望に違いない。

 ちなみに第7話の平均視聴率は、6話の7.6%から0.5%アップの8.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録。「視聴率が急にどかんと上がったら、たぶん俺のTシャツ作戦の影響ですね。」と冗談混じりに綴っていた鈴木だが、本当に効果があったの……かも。28日放映の最終話に向けて、他の共演者&スタッフもこの「Tシャツ作戦」実行してみてはいかが?


【関連記事】

「じっとモニターを見つめてた」新生NEWSのお披露目で錦戸亮が見つめた先

前代未聞!? 錦戸亮、沖縄でのプライベート旅行で写真撮影を快諾!

「あっち行けよブス!」ファンに暴言を吐く、NEWS・錦戸亮の夜遊び事情

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング