机がきれいな人は小心者!? 職場のデスク周りでわかる、あの人の意外な一面

サイゾーウーマン / 2012年5月11日 8時30分

写真

 職場のデスク周りは、その人の小宇宙。日頃の行動や性格パターン、考え方などが反映されます。そのため、ぱっと見で感じる印象だけではなく、その人の隠された心理などもわかってしまうのです。職場のあの人、この人を想い浮かべながら、デスク周りの環境から隠された性格を見てみましょう!

■机の上にムダなものがない……小心者
 常に机の上がきれいで、各プロジェクトやクライアントごとに資料をきっちり整理している人は、事前に準備ができているので、職場でトラブルが起きてもすぐに対応し、仕事ができる人と思われています。そのマメさは、プライベートでも発揮。飲み会の幹事や旅行の計画などもお手のもの。

 しかし、なんでもかんでも準備してくれるので、友人から面倒なことを押しつけられることもたくさん。また、資料を前もって準備する=何かが起きたら怖いという小心な面もあるので、「面倒事を断って、さらに面倒なことが起きたらどうしょう!」と思い、ついつい嫌なことでも引き受けてしまうのです。ときには、「自分でやってよ」と言いつつ、まわりの人がモタモタしているのを見て、キレたり、予想外の展開にパニックになったり。信頼されている半面、何かと神経を使うので、気苦労も多いでしょう。

■自分の好きな物を飾っている……人間関係を築くのが苦手
 癒しグッズや芸能人の写真、フィギュアなど、仕事ちは関係のないものを机の上に飾っている人は、こだわりの強いタイプです。独自の世界観をもっているので、専門的知識を必要とする職場であれば、才能を発揮するでしょう。

 しかし、上司とそりが合わなかったり、専門外の仕事だと、人間関係のトラブルも目立ってきます。逆に、そのこだわりを評価してくれる人の下で働けば、仕事もうまくいきます。こだわりの強さは、プライベートでも発揮。趣味の仲間が多く、ブログやツイッターなどでは、別キャラで活躍している可能性も。こだわりは理想の高さにもつながるので、なかなか満足のいく人間関係が築けないという悩みもあります。不満や悩みをバネに、さらなる飛躍を目指す、孤高の職人としての道を突き進んでいくでしょう。

■資料が山積みで最小限のスペースしかない……飽きっぽい
 資料が乱雑ではないものの、山積みになって、スペースの余裕がない人は、あれもこれも手を出してしまう好奇心旺盛なタイプ。やることが多岐に渡っているので整理しているだけで時間がかかってしまい、放っておく内にどんどん資料が山積みに……。面倒くさがりの面もあるので、手に取れる位置に置いておこうとしますが、結局、仕事がやりにくく、自分の首をしめてしまう結果に。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング