岡田准一との不倫疑惑の影響は? 業界関係者が宮崎あおいを見る視線

サイゾーウーマン / 2012年3月14日 8時0分

 ファンや業界に衝撃が走った、宮崎あおいとV6・岡田准一の不倫疑惑。昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)、「東京スポーツ」がほぼ同時にスクープした形で発覚した。関係各所は一切口を開かないまま現在に至るため、事態はすでに風化してしまった様相だ。しかし、業界からは宮崎に対して「この逆境をどう乗り越えてくれるのか」と期待の声が聞かれる現状だという。

(画像はこちら)


 記事によれば当時宮崎と夫婦関係にあった高岡蒼佑が、宮崎の携帯の通話履歴から岡田との関係を突き止めたという。岡田の携帯には宮崎から送られてきた「また一緒に温泉入ろうね」といったメールも残されており、問い詰める高岡に対して岡田は「責任をとって芸能界を引退します」と謝罪したそうだ。

「この記事が公になった直後、宮崎と高岡は離婚を発表しました。一部では『離婚原因が高岡だけにあるというのはおかしい』と、高岡サイドに付いた朝青龍の元マネジャーがネタ元として暗躍していたと言われています。しかし、各週刊誌も後追い記事を一度だけ出した後に沈黙し、ワイドショーも岡田を"某有名アイドル"として放送する局はあったものの、双方事務所の対応は皆無。誰かが訴えられたといった話も聞こえてきません」(テレビ局関係者)

 スキャンダルに対して最も有効な対策は「完全無視すること」とは芸能プロ関係者。記事の内容を見ても、まったくもって事実無根の話とは思えないことから「ほとぼりが覚めた時点で交際発表の可能性も、ないとは言えませんよね」(前出芸能プロ関係者)という説までささやかれ続けているという。さらに、宮崎や岡田もこの報道を前向きに捉えるべきという見方まである。

「2008年頃から俳優として活躍してきた岡田は、アイドルからワンステップ上の段階にあがりました。宮崎にしても、大河主演で名実ともに大物女優となったところで起こった一大スキャンダル。これは芸能界を生きる者なら誰しもがぶち当たる壁ともいえます。しかし、元より戦略に長けた宮崎のことだから、岡田との共演作の公開時には機転の利いた対応を見せるのでは、と妙な方向から注目されている状態です」(前出テレビ局関係者)

 宮崎と岡田は今秋公開予定の映画『天地明察』で共演しており、役柄は夫婦関係。通常、公開前後には舞台挨拶を始めとしたPR活動が行われるため、再びスキャンダル報道に見舞われるのではと関係者も頭を抱えているという。しかし宮崎であれば、誰もが納得する形で乗り超えるのでは......と語るのは、別の芸能プロ関係者だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング