十字架、仏の目、♯模様…見つけたらラッキー!手相にあらわれる成功のサイン

サイゾーウーマン / 2012年7月15日 9時30分

写真

 初心者が手相を観るのは案外難しいもの。そこで今回は、ひと目でわかるラッキーサインをご紹介しましょう。

 まずは両手の平をじっくりと眺めてください。左手は生まれ持った性質、右手は自分が切り開いてきた人生としてみるといいでしょう。そして、イラストで紹介しているサインを探してみましょう。線はできるだけ濃いのが理想ですが、弱々しくてもOKです。目を近づけてやっと見えるような場合は、これから育っていく線として、将来の成長を見守ってあげてください。

イラストはこちら


【仏眼】
 親指の第一関節に現れる目の形。これは神仏の加護に恵まれていることを表していて、スピリチュアル系の人に多く現れる吉相です。困ったときには先祖や神仏の守護があり、なかには九死に一生を得る体験をする人も。また、強い念力を秘めた人にも現れやすく、願ったことはたいていかなう印とされています。出たり消えたりしやすいので、普段からよく気をつけておきましょう。

【ソロモンの環】
 人差し指のつけ根を取り囲むように出る線。めったに見られない相で、ずば抜けた強運の持ち主であることを暗示しています。この線がくっきりと出ていれば頭脳明晰。相当な社会的地位が約束されているでしょう。また、物ごとが好転しやすかったり、ビッグチャンスを次々と与えられることも。

【土星環】
 中指のつけ根を取り囲むように出る線。感受性が強く、芸術的な才能の持ち主であることを示しています。1人の世界でものを創り上げることに長けるため、作家やアーティストといったクリエイター職に抜群の適性があるでしょう。また、思慮深いので、研究家や学者などスペシャリストとして大成することも。ただし、孤独癖が強く出た場合は、偏屈な変わり者として敬遠されるかもしれません。

【太陽線】
 薬指に向かって伸びる線。成功線、人気線とも呼ばれ、天賦のカリスマ性があることをあらわしています。この線が手首からまっすぐに伸びていれば、どんな仕事についても成功者になれる大吉相。社会的にも経済的にも恵まれるはずです。小指の下のふくらみから伸びる場合は、たくさんの人から愛される暗示。芸能界に進めば一財産築けるかもしれません。また、生命線上から伸びる人は文章を書く才能が、頭脳線上から伸びる人は時代の波に乗る才能がそれぞれあることを示しています。

【聖職紋】
 人差し指の下に出る井の形。このサインがあらわれる人は、人を導く力があります。自分の考えや理想を周囲に広める才能をもち、向上心もたっぷり持ち合わせているため、ゆくゆくは社会的に認められるリーダーになれるでしょう。パワフルな手腕に魅せられて、自然と人が集まってくるはずです。政治家や評論家をはじめ、聖職者、教師、カウンセラーにはうってつけの相といえそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング