「動物園的な感じ」、渦中の冨永愛は『スタジオパーク』で余裕な態度

サイゾーウーマン / 2012年5月15日 12時0分

写真

 今この時期に、生放送のトーク番組に冨永愛が出演するというタイミングの良さ。

 塩谷瞬の二股騒動の熱がまだまだ冷めない5月9日、『スタジオパークからこんにちは』(NHK)に冨永愛がゲスト出演した。もともと4月3日に同番組に出演予定だったようなのだが、番組変更によって放送延期、その間に二股騒動が起こってしまい、結果的にものすごく渦中の人感のあるタイミングでの出演となった。

 この日チャンネルを合わせた視聴者は、野次馬的な興味による人がかなり多いだろう。自分もそうだったけど。このタイミングだと、気になることはそこに集中してしまう。とはいえこの番組は、そういった方向でホンネを探るような性質のトーク番組ではない。二股のふの字も、塩谷のしの字も匂わせずに進んでいくだろう。

 彼女が登場すると、番組進行役の永井伸一アナと田代杏子アナが、まずは当たり障りのないところでスーパーモデル・冨永愛のファッションとプロポーションを褒める。一人息子と参加した“親子サッカー”で右ひざをけがしたとのことだが、これについて冨永はニッコリと、

「いつも本気なんです」

 「いつも本気」ゆえに、こんなことに巻き込まれてしまったのかなぁと、つい二股の件と結びつけつつ見ていたところ、永井アナがその言葉をすかさず拾いあげる。

「『いつも本気』! ……ね、なんか最近ちょっといろいろあったみたいですけれども……」

 いろいろって……。オブラートに包みながらも、いきなり本題(?)をぶち込んできた。これに対しては冨永は余計なことは語らずただニコニコとやり過ごす。永井アナもこれ以上は広げずに、

「応援しておりますので」(永井)
「ありがとうございます」(冨永)

 と、微妙に何かを含ませたようなやり取りでこのくだりは終了。時の人ということもあってか、スタジオパークの観覧者が普段より多めとのこと。そんな状況に冨永さん笑みを浮かべながら、

「なんかこう、動物園的な感じですね」

 自虐ネタですかね、これ。

 冨永愛がMCを務める女子向けのトーク番組『写ねーる』(BSプレミアム)の番宣をかねての出演ということもあって、過去の番組の模様がVTRで流れる。自分の下着を捨てる時の話題になったときは、下着と一緒に「いろんな思い出とか」を捨てるという発言をしていたり、ゲストの小倉優子に年下の男性が似合いそうと言われると、「そういうイメージあるかもしれないねぇ」とニッコリしながらも、「(年下は)全然ダメです!」と発言。年上好みで、「年上大好き」と、ハートマークまでテロップに入れられいる。そして、「結構ゴロニャン系なんで」と、甘えるタイプなんだと告白。ちなみに塩谷瞬は年上ではなく同い年。満面の笑みで恋愛を語る姿に、いつごろ撮影したんだろうとか、ゴロニャンしてたのかぁとか、余計なことを考える。もう言動のすべてが塩谷と結びついてしまう。また、仕事をバリバリこなしながら、

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング