「男だったら手当たり次第」キャメロンとグウィネスのラップが話題に!

サイゾーウーマン / 2012年10月16日 13時0分

写真

 上品でエレガントな雰囲気を漂わせている女優のグウィネス・パルトローと健康的でグラマラスなイメージを持つキャメロン・ディアスが、親交の深い人気コメディエンヌのために即席ラップ動画を制作した。キャメロンのビートに合わせて独特なラップを披露するグウィネスのコンビは、予想外にハードコアな仕上がりになっている。

 今回、グウィネスとキャメロンが忙しい合間を縫ってラップ動画を作成したのは、友人チェルシー・ハンドラーのため。彼女は、『MTVビデオ・ミュージック・アワード』の司会を務めたことがある、毒舌トークやコメントが売りのアラフォー(37歳)独女コメディエンヌ。これまで「アンジェリーナ・ジョリーは信用ならない。アイツは女性にとって親友と正反対の位置にいるオンナ」と吠えたり、交際がウワサされたハードコア・ラッパーの50セントとのことについて聞かれ、「彼とのセックスはよかったわよ。ノーマルだったわ。ぶっ飛んでるとか、最高とかいうセックスじゃなかったけどね……っていうか、ほかの人と、もっとすごいセックスしたことあるし。でも、50セントとのセックスもよかったわ」と告白するなど、あけっぴろな性格で人気を集めている。

 そんなチェルシーが5年以上司会を務める深夜トーク番組『Chelsea Lately』で、番組制作スタジオを新たに立ち上げたことを発表。「ヒップ・ホップ・コミュニティーに深いコネのある同僚2人が祝福リリックを贈ってくれました。みなさん、“Emcee(MC)グウィネス・パルトロー”と“Deejay(DJ) ジャズィー キャメロン・ディアス”です」とサプライズなビデオを紹介した。

 動画は携帯カメラで撮影したような画像の粗いもので、画面の右側に白いシャツに白のミニスカートをはいたグウィネスが立ち、左側には黒シャツと黒パンツ姿で長めのゴールドチェーンをさげたキャメロンが座り、2人で「Y0! チェルシー」と言い、グウィネスがラップを始める。

 「アンタが新しいスタジオ作ったって聞いたわヨ。でも、アンタがテレビに出られる本当に理由は、アバズレだからなんだって知ってるヨ!」「アンタは黒人、白人、男だったら手当たり次第。アンタの寝室、まるで遺失物取扱預かり所でショ!」と、両手を広げたり、目をカッと見開いたりと、ギャングスタ・スタイルのラップを披露。キャメロンは左手を口に当て、右手を左右に動かしリズムを取りながら「ブーン、ブ、ブンブン」と口でビートをとり、見事なヒューマン・ビートボックスぶりを披露する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング