キム・カーダシアンがCM出演した、「履くだけで痩せる」スニーカーはウソだった!

サイゾーウーマン / 2012年5月19日 12時0分

写真

 新恋人でラッパーのカニエ・ウエストとのバカップルぶりが、連日面白おかしく伝えられているキム・カーダシアン。ここ数年、メディア露出が多い彼女はCMにひっぱりだこで、広告塔としての効果は絶大だと言われてきた。そんなキムが宣伝した「履くだけで腹筋がついて痩せる」と謳ったスニーカーが、何ら根拠のないものだとして米連邦取引委員会からお咎めを受けてしまった。

 ホイットニー・ヒューストンの最後の恋人とウワサされているR&B歌手レイ・ジェイとの流出セックステープで、パリス・ヒルトンを超えるセレブへとのし上がったキム。艶やかな笑顔とプリップリのお尻でアメリカ人男性のハートをがっしりと捕らえ、若い女性たちからも「いろいろな意味で、お手本」として人気を集めている。良くも悪くも注目されるキムを利用したい企業は多く、これまでに数々のCMに登場。コスメやダイエット・ピル、エクササイズ・マシーン、ファースト・フードなど、少々うさん臭い系のCMに出演している。

 今回、問題となった商品「Skechers」のCMは、全米が注目する米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦『スーパーボウル』生中継のCMとしてお披露目された。『スーパーボウル』のCM枠は30秒で2億円前後と高額だが、1億人を超える視聴者が見ていることから大幅な売り上げアップに繋がるとされており、各社、クオリティーの高いコマーシャルを制作することで注目されている。「Skechers」も商品ではなく、時の人であるキムを前面的に出すという形のコマーシャルに仕上げている。

 コマーシャルは、筋肉美を誇る男性の汗ばんだ背中のアップと、「あぁ」というキムのあえぎ声でスタート。続けて、床に仰向けになり、満面の笑みを浮かべて「ハァ~」とため息をつくキムの引き締まった腹部や豊満なバストがアップになる。囁くような声で、「どんなふうに伝えたらいいのかしら。『あなたは素晴らしい』という言葉以外、見つからない」とキムは言いながら、上半身裸の男性に体を起こされ、ネットリと視線を絡め合いながら向かい合う。いい感じになる2人だが、キムは「でもね、上手くいってないのよ」と首を振りながら男性から離れ、「そうじゃないわね。上手くいってはいるわ。誰じゃなくて、何か、なのよ」と笑顔で言い、彼女が履いているスニーカーがアップになる。そして、ここでキメ台詞の「バイバイ、トレーナー。ハロー、シューズ」という言葉と共に、商品がアップになる。最後に、宣伝しているスニーカーを履くイケてない男性に向かって、キムは「ナイス・シューズ」とセクシーな声で言い、男性を大喜びさせる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング