1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

“ご祝儀”が多かったドラマは? 『TOKYOエアポート』初回視聴率から-4.6%

サイゾーウーマン / 2012年11月9日 13時0分

写真

 現在放送中の秋ドラマ。今期は、成宮寛貴が新相棒となった『相棒 season 11』(テレビ朝日系)や、山口智子が16年ぶりに連続ドラマにカムバックした『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ系)、木村拓哉と香取慎吾のSMAPメンバー2人が同じクールに登板するなど、話題作が目白押しだ。多くの視聴者は、連続ドラマを見る際、初回を見て次回以降も見るかどうかを判断する。初回は“ご祝儀”で、第2回の視聴率がドラマの命運を握っているといっても過言ではない。そこで20~22時台に放送されている民放ドラマについて、初回と第2回の視聴率を比較検証し、“ご祝儀”を検証してみよう。

 秋ドラマの中で初回視聴率1位に輝いたのは、水谷豊主演の『相棒』で、19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という初回としてはシリーズ最高視聴率を記録。第2回では17.3%と下がってしまったが、根強い人気を誇るシリーズだけに、最終話までにトップに返り咲く可能性も強そうだ。

 『相棒』に次ぐ2位となったのは、18.6%を獲得した米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)だった。第2回では17.6%と少しダウンしてしまったが、米倉はこれまで、松本清張3部作(『黒革の手帖』『けものみち』『わるいやつら』)や、後に映画化もされた『交渉人~THE NEGOTIATOR~』で主演を務めるなど、同局と“相性がいい”といわれている。今後も高視聴率を維持できるかが見ものだ。

 そして3番手となったのは、初回16.9%を記録した木村拓哉主演の『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系)。これまで作品を通してさまざまな職業を演じてきた木村だが、今回は身に覚えのない罪を着せられて会社を解雇され、極貧生活を送ることになった主人公という意外な設定。プロ野球クライマックスシリーズと放送時間が重なったことで数字が伸び悩んだ第1話に比べ、第2話では18.8%と上昇。今後の展開次第で、トップ争いを繰り広げるテレ朝ドラマ2本を追い越すことはできるのだろうか。

 初回と第2回で16~19%を獲得している上位3作品だが、そのほかの作品は一桁台から13%台の間という、微妙な数字を記録しているのが、今期ドラマの特徴。特に大きな差が開いてしまったのは、初回視聴率では14.0%を取ったものの、第2回では9.4%と大幅に下降した深田恭子主演の『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』(フジテレビ系)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング