朝から全力投球すぎる松岡修造いわく「だから、妻は疲れてると思う」

サイゾーウーマン / 2012年12月3日 9時0分

写真

 11月28日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)の「はなまるカフェ」のゲストは、松岡修造。ゲストが出てくるゲートのようなところに、<おはようございます。今日は元気・笑顔・本気・はなまるを目指す>と、松岡の自筆ででっかく書かれた紙が貼られている。出演者たちがその状況に、「ん??」とか言っていたその時、バリバリバリッとその紙を破いて松岡修造が登場した。片手にラケット、片手はガッツポーズ。さすが修造さん、朝から熱い。薬丸に、

「なんですか、あのオープニングのテンションは」

 とツッコまれ、

「朝から皆さん、申し訳ありません!」

 と、カメラに向かって頭を下げる修造。なんでも、出演するからには普通に出たくないということで、出演が決まってから登場の仕方をずっと考えていたのだとか。

「破り方が甘かったね」

 その場で分析&反省もする。常に全力投球の修造さんは、家でもやっぱりスゴい。家での会話がミュージカル状態になっているそうで、「♪おはよ〜」とかやっているらしい。子どもが怪我をしても、「♪心配ないさ〜!」とか。まあ、こんな歌で返すぐらいだから、確かに心配ない怪我なんだろうけど。ちなみに奥さんは歌わないそう。

 修造さんは、ピュアで頑固だ。だから、夫婦のあり方にもいろいろこだわりがある。修造さんが提示したキーワードは、「批判」「強制」「無視」という3つ。

 奥さんをよく批判するそうだが、それは、優しさからだと主張する。すると、「それはちょっと〜」と、女性陣から一斉にブーイング。いろいろ奥さんに「強制」するのも、「信頼してるから」と言う。これを「助っ人ゲスト」として出演していた藤本美貴に、

「伝わってない愛情表現は、愛情表現じゃないんじゃないでしょうか」

 とビシッと指摘され、ちょっと黙り込む。そして、番組冒頭で煽られていた、

「訳あって奥様を無視することがあるという松岡さん。その訳とは……?」

 という話題に移る。

「僕が一番言われるのが嫌なのは、『パパ』って言われること」

 パパと呼ばれると、返事をせずに無視を決め込むそうだ。「パパ!」と呼ばれ、シーーーーンとする様を再現する姿に、レギュラー出演者のいとうあさこは、

「逆に面白いけど!」

 と大ウケ。その無視の理由を尋ねられると、

「それは、愛情ですよ」

 とのこと。今、ミキティに伝わってなければ意味がないことを指摘されたばかりなのに、ビシッとした感じで言い切った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング