1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

中村獅童がMC卑弥呼でノリノリ! 名曲揃いの歴史番組に見たNHKの本気

サイゾーウーマン / 2013年1月11日 13時0分

写真

<中村獅童がひたすら歌って踊って歴史を教えます!>

 この謳い文句だけで、いろいろ想像がふくらんで、すでにかなり面白い。中村獅童が歌って踊る、しかも「ひたすら」。どういうことなんだろうか。

 これは、NHK Eテレで放送された『歴史にドキリ ロワイヤル・スペシャル』の謳い文句だ。この番組、元日の夕方6時からの放送枠だったというところでも、その「面白み」が高まる。豪華な正月特番の裏で、NHK Eテレでは獅童が「ひたすら歌って踊って」いたのだ。

 この素晴らしい香りプンプンの番組は、冒頭から想像以上だった。いきなり黒髪ロングのカツラに赤い口紅をつけ、卑弥呼の扮装をした中村獅童が登場した。アップでニッコリ微笑む卑弥呼・獅童。すごいインパクトだ。それが狙いなのだろうけれど、女形もこなす歌舞伎役者とは思えないブサイクさに、面喰ってしまった。

 そして、「私は卑弥呼、邪馬台国の女王」と、いきなり踊りながら歌い始める獅童。「くに」の成り立ち、米作りが始まりなどを歌い、曲が終わったところで……

「……卑弥呼です」

 と、語り始めた。そして、

「みんな、紅白見た?」

 と、まずはお茶の間の関心を引く。かなり気さくなんだな、卑弥呼さま。

 今回は、この卑弥呼・獅童がMCを務める音楽番組ふうの設定で、日本の歴史の重要人物をランキング形式で紹介し、紹介された偉人が歌って踊りながら自分のやってきたことを紹介していく内容だ。

「出よ、私の後輩たちよ。シャラ~~ン!」

 シャラ~~ンと言っちゃうくらい、MC・卑弥呼はノリノリだ。「ランキングといっても、さっそくバラしちゃうと、基本的に時代が古い順よ」と卑弥呼の説明が入り、20位の「聖武天皇」から、19位の「藤原道長」、18位の「紫式部」と、時代順に紹介が進んでいく。

 肝心の楽曲は、「式部、式部、紫式部」というリフレインが印象的な紫式部の曲や、「天下統一、ファイヤー!」というシャウトが熱い織田信長の曲など、耳に残って思わず口にしたくなる、わかりやすさ満点の名曲揃い。

 ちなみに全ての曲は、ヒャダインの手によるもの。曲もところどころブルーハーツふうだったり、C-C-Bふうだったりする。豊臣秀吉の曲なんて、関白という役職を取って「関白宣言(秀吉流)」というタイトルがつけられ、内容は完全にさだまさしのパロディ。「言っておきたいことがある~」というそのままの歌詞だった。北里柴三郎が北島三郎ふうになっていたのは、名前が似ているからだろうか。そんな遊びも含めて、バラエティ豊かだ。そしてそれを、次々歌い・踊りこなす獅童の器用さにも、あらためて感心する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング