『アイアンシェフ』4.2%、『ほこ×たて』7.4%、年末年始フジの大惨事を検証

サイゾーウーマン / 2013年1月12日 13時0分

写真

 昨年はテレビ朝日がプライムタイム(午後7時~11時)の視聴率で、平均12.5%を獲得し、開局以来初の首位を飾るなど、テレビ業界にとって大きな動きのある1年だった。一方で、近年視聴率の低下が著しいフジテレビだが、今回はそのフジの年末年始特番(12月27日~1月3日)のプライムタイム視聴率を検証してみたいと思う。

■とんねるず特番が8.5%……最悪のスタートを切ったフジの年末年始

 民放各局で本格的な年末特番がスタートした12月27日は、午後7時から4時間超えで『とんねるずのみなさんのおかげでした』のスペシャルを放送。舘ひろしや郷ひろみといった豪華ゲストが登場するも、肝心の視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)と今一つの結果に。日本テレビは『ぐるぐるナインティナイン』が15.1%、『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』が9.6%と視聴率に動きがあるものの、フジには勝っている。

 一方、好調なテレビ朝日は、午後6時から『いきなり!黄金伝説。』を6時間スペシャルで放送し、17.1%を記録。フジとならびゴールデンタイムの番組が不調といわれるTBSは、長年続くスポーツエンターテインメント特番『SASUKE』が9.3%、『EXILE史上最大のサプライズ忘年会2012 ありえないドッキリに引っかかった瞬間SP』が5.7%、またテレビ東京は『名曲ベストヒット歌謡』で12.1%を獲得し、フジを上回った。

 翌28日の『日本一は誰だ!? ものまね王座大決定戦 最強トーナメント 超下克上スペシャル!!』は12.3%を獲得し、日本テレビの『うわっ!ダマされた大賞』15.0%に次ぐ2位につけた。しかし、29~30日は低迷を続け、テレビ東京の視聴率の半分にも満たない番組もあった。

 そして、そんなフジは、2012年を締めくくる大晦日の特番に、かつての人気番組『料理の鉄人』をリメイクした『アイアンシェフ』を抜擢。約6時間に渡って放送するも、午後7時~9時が4.5%、午後9時~11時45分は4.2%と、惨敗に終わった。同時間帯では、日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!!』が16.8%(午後6時30分~9時)、16.5%(午後9時~午前0時30分)で民放トップに輝いており、フジやテレ朝とは比べ物にならないほどの独走を見せた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング