きゃりーぱみゅぱみゅバブル! 事務所新年会は400万円外車でビンゴ大会

サイゾーウーマン / 2013年1月24日 9時0分

写真

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場するなど、歌手・モデルとして大活躍中のきゃりーぱみゅぱみゅ。そんなきゃりーの所属事務所の新年会が、22日、都内で行われた。会場には、1,000人超の関係者が“きゃりー詣”のために集結していたようだが、バブル時代を彷彿とさせるような大盤振る舞いの新年会だったらしいと、一部で話題になっている。果たしてそのバブルぶりとはいかに?

 新年会が行われたのは、飲食店やホテルではなく、なんとコンサート会場のSHIBUYA-AX。キャパシティ1,800人ほどの大箱で、参加費は無料。会場を訪れた人数は、1,000人を超えていたという。

「場内は縁日をイメージした作りになっていて、力の入れように驚きましたね。フードもドリンクも無料でした。でも実は、料理はたこ焼きやお好み焼きなど低価格のものばかりで、お酒もチューハイが中心(笑)。そこに関しては、『低予算で抑えているなぁ』という印象が強かったですね」(広告代理店関係者)

 会場には、きゃりーをはじめ、所属アーティストやモデルが勢ぞろいしていたという。

「きゃりーのプロデューサーであり、音楽ユニット・Capsuleとしても活動する中田ヤスタカが、今春からこの事務所に所属することが発表されていましたね。あとは、司会者から『今年の目標や抱負』を聞かれたモデルの子が、『夜遊びしまくります~』『クラブで遊びまくります~』と、TPOをまるで考えていない発言をする場面が多々ありました(笑)。営業も兼ねての新年会ということが、わかっていなかったのでしょうか。一応司会者が、会場に詰めかけた代理店関係者らに頭を下げながら、『クラブイベントなどを企画してあげてくださいね』とフォローしていましたが……。まぁ、事務所全体がノリに乗っているということなのでしょうか」(音楽ライター)

 そして、新年会の中で最もバブルぶりを誇っていたのが、終盤に行われたビンゴ大会。なんでも、とんでもない高額の景品を出してきたという。

「当選者は30人限定で、安いものだと、たわし、鍋、ロボット掃除機ルンバなどもありましたが、最後に出てきたのはなんと外車のプジョー。1600ccのタイプの新車だと、200~400万くらいに見えましたが。ちなみに、中田も見事Macのパソコンをゲット。司会者から『あなた、まだほかに何をほしがるのですか?』といじられていましたが、本人は『仕事で使いま~す』と大喜び。周囲からは『辞退しろよ!』ともツッコまれていましたね」(ファッション誌編集者)

 もっとも、これだけお金を使うのは「今も昔も、儲け過ぎた末の税金対策」(テレビ局関係者)といった裏事情があることは明確。弱冠20歳のきゃりー1人が、たった1年の間に、ここまでの稼ぎ頭に成長したことは、さすがといったところだろう。来年の新年会もこの盛大さを保てるのか、今から楽しみだ。

※画像は『ぱみゅぱみゅレボリューション(初回限定盤)』/ ワーナーミュージック・ジャパン

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング