『ガチガセ』最終回は8.7%! AKB48に痛手を負わされた日テレ

サイゾーウーマン / 2013年2月28日 13時0分

 その一方で、旬のAKB48を使った番組で高視聴率を獲れたのは、意外にも局全体の視聴率低下が叫ばれているフジテレビだ。レギュラー番組ではないものの、昨年6月に行われた「第4回選抜総選挙」の生放送特番では、18.7%を記録した。

 そして8月には、前田敦子の卒業公演を中継した『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』のスペシャルで、6~7%台だった通常放送の視聴率が倍近く跳ね上がり、14.3%を獲得。どちらも同局の視聴率の現状を考えれば、合格ラインといえるのではないだろうか。

 今年に入ってからは総選挙上位メンバーのスキャンダル・卒業が相次ぐなど、ネガティブなイメージが先行してしまっているAKB48。ゴールデン枠でAKB48を使った日テレ・TBS・フジの中では、昨年は最もAKBや“前田敦子卒業ブーム”の恩恵を受けたといえるフジだが、今年も総選挙特番があるとしても数字が獲れるとは限らない。このままでは、AKB48のテレビ離れが進む一方だが、果たして――。

※画像は『ガチガセ』(日本テレビ系)公式サイトより

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング