午後11時15分から始まるテレ朝の独壇場、“ネオバラ枠”はゴールデンを超えた

サイゾーウーマン / 2013年3月9日 13時0分

写真

 テレビ朝日系列で月~木曜日の午後11時15分~午前0時15分に放送されている「ネオバラエティ枠」が、今年に入ってからも好調な数字を維持している。全日とも民放の裏番組にはほぼ毎週勝っており、ゴールデンのバラエティ番組や話題のドラマでも二桁台の視聴率を獲ることが難しい昨今のテレビ業界において、快進撃を続けている状況だ。

 現在、ゴールデンタイムに放送されているバラエティ番組の中では『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』『ナニコレ珍百景』『いきなり!黄金伝説。』『知って見て得する情報バラエティ シルシルミシル』などネオバラ枠出身の番組が多く、ネオバラ枠で好調だった番組をゴールデンタイムに進出させるという流れが同局の定番となっている。

「ファミリー受けの良い『ナニコレ珍百景』のような番組をゴールデンで成功させる一方で、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』のように午後11時すぎの枠だからこそ面白いという番組は昇格させずに残している。その見極めのうまさがテレ朝好調の秘訣でしょう」(芸能ライター)

 現在のネオバラ枠は『ストライクTV』(月)、『白黒ジャッジバラエティ 中居正広の怪しい噂の集まる図書館』(火)、『マツコ&有吉の怒り新党』(水)、『アメトーーク!』(木)が放送中だ。 

 深夜放送を経て2006年10月にネオバラエティ枠で放送がスタートした『アメトーーク!』は、「雛壇芸人」「家電芸人」「中学の時イケてないグループに属していた芸人」などの“括りトーク”が人気を呼び、ネオバラ枠の面白さを視聴者に定着させた番組の1つといえるだろう。

 取り上げるテーマや出演者によって数字にバラつきはあるものの、今年に入ってからの1月・2月の通常放送の視聴率は、10~15%台(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)と二桁をキープ。他局の民放番組が2~5%台の中、圧倒的な高視聴率を記録しており、小籔千豊が大活躍した2月14日放送の「カメラかじってる芸人」では、15.0%を獲得した。

 その一方で、『アメトーーク!』以外の3番組もすべて順調かといえば、数字を見る限りそうでもなさそうだ。月曜日の『ストライクTV』は、月~金の午前0時20分~放送されている『お願い!ランキング』の企画から派生した番組で、視聴率はほかのネオバラ枠の中でも一番低い7~10%台を推移。いまいち視聴率が伸びない理由には、裏番組に当たる『ヌメロン』(フジテレビ系)が6%前後と健闘していること、また午後11時58分から始まる、マツコ・デラックス出演の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)も一桁台後半を記録していることも要因と考えられる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング