KAT-TUN・田中聖と兄弟に会えるウワサの会員制バー、潜入レポート!

サイゾーウーマン / 2013年3月14日 9時0分

 今年2月10日、あの市川海老蔵が「関東連合」たちにボコボコにされた場所、「バルビゾンビル」に行った。ジャニーズのアイドルグループ、KAT-TUN・田中聖くんが経営している会員制クラブがあると聞いたからだ。まあ、ああいう場所に男だけで行くのもなんだからと、女の子も1人連れていくことにした。

(画像はこちら)

「あー、バルビゾンビルの7階にあるよ。田中くんやお店が知らない人は入れないはずだよ」と、その店に行ったことのある女の子は言っていた。7階のビルエレベーターを降りるとすぐに、その店はあった。「CROSS ROAD」という名前。何が交錯するのか、ドキドキ。インターフォンを押す。反応はない。何回も押す。しかしダメだ。店の中から、大騒ぎしている声が漏れてくる。えいっと、ドアノブを回すと開いた。完全に勝手だけど、すんなり中に入ることができた。

「いらっしゃいませ~」

 黄色い声と、ちょっぴり野太い声が出迎えてくれた。中に進み、席に着く。店員以外は全員女の子だ。田中くんを一瞬で発見。ソファ席で女の子の肩に手を回している。ONE OK ROCKの全編英語歌詞の歌を歌っている。さすがに上手だ。

 店員さんが私たちの席に来て言う。

「あの、今日スタッフ、フル動員なんですけど、みんなお客さんのこと知らないって言うんですけど、えーと、誰かのお知り合いですか?」

 「あ、いや、このお店がいいと友達に聞いたので、ついつい来てしまいました」と言うと、「あー、そうなんですか。ありがとうございます。あ、私、こういう店長やってます。田中の兄です」と名刺を差し出してくれた。すごく善い人&セキュリティ概念、まったくなし。

 店の広さは60平方メートルくらいで、内装は洒落た感じだ。客はジャニオタばかりで、ずっと唄っている田中クンを「アニキ」なんて呼んでる。でも、お客さんはワーキャー騒いだりしない。なんとなく、こっそりと“アニキ”田中くんを楽しんでいる雰囲気だ。

 すると、また1人の店員さんがとことこやって来て私たちに言う。

「副店長やっている田中の弟です」

 おいおい、田中くんには弟さんもいたんですか。これまた善い人ぽい。田中くんはとっても楽しそう。写真も撮らせてくれるし、お酒でちょっと目が据わっていたけど、こんな楽しいお店をやろうとする現役ジャニーズアイドルは、長い歴史の中でも稀有な存在。この店に来た人々の記憶の中にも、ずっと残るだろう。まさに、クロスロードだね。

 私たちはカクテルとウーロン茶を3杯ずつ飲み、お会計を済ませたら8,000円をちょっと超えるくらいだった。高いのか安いのかわからないけど、ナマの田中くんとその兄弟たちの愛が、ひしひしと胸に迫りました。

「ありがとうございました! また来てください」

 また来ます。でも、これだけ騒がれてちゃ、ジャニーさんから怒られてしまったんじゃないの? 余計なお世話だけど。
(大伴理人)

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング