「400件超えの問い合わせ、品切れも」KAT-TUN・亀梨和也の効果で“カメ”が大人気!

サイゾーウーマン / 2013年4月20日 9時0分

 KAT-TUN・亀梨和也が、4月15日発売の「QLAP!」(音楽と人)5月号で肩に乗せていた“カメ”のぬいぐるみが、現在入手困難になっているという。

 同誌に掲載されている写真を見ると、亀梨の肩に手のひらサイズのカメが置かれている。さらに最新映画『俺俺』に掛けて、亀梨がノートに「俺」という漢字を書いている場面でも、このカメが机の上で亀梨を見守っている。そしてインタビューでは、「最後、カメのぬいぐるみ持たされたけど……インタビューしながら今も持ってるけど……これ、もらっていい? ふふ(笑)」と語っている。

 この亀梨の発言により、ぬいぐるみは彼の私物ではなく撮影にあたって用意された「小道具」だったことがうかがえる。亀梨が実際に“お持ち帰り”したのかどうか、亀梨ファンが「QLAP」編集部のTwitter宛に質問をしているが、編集部は「ぬいぐるみは…ご想像にお任せします(笑)」と返信。結局亀梨の手元にあるかどうかは不明だが、「亀梨お気に入り」のぬいぐるみをゲットしたいという、一部ファンのハートには火がついてしまったようだ。

 話題となっているカメは、リルビーンシリーズのウミガメ(M)。このぬいぐるみの製造または販売元の関係者なのか、事情を知る人物がTwitterに、カメのぬいぐるみに関して「個人購入の注文が殺到している」という内容をツイート。その理由が亀梨とともに雑誌に登場したことだと発覚し、ジャニーズタレントの影響力のスゴさを実感したとつぶやいている。また、ファンからの問い合わせが集中したようで、ぬいぐるみの取扱店について、横浜・八景島シーパラダイスの「YY SHOP ―ワイワイ ショップ―」で販売されていることを紹介した。

 そこでサイゾーウーマンは、実際にぬいぐるみを製造・販売する、神奈川県の「ティーエスティーアドバンス」に話を聞いた。「撮影に使用したなどの連絡はありませんでしたが、問い合わせが殺到して今回の事態にはじめて気が付きました」。18日午後の時点で「400件超えの問い合わせや注文が殺到し、数えられないほどの販売数になっています」という。思わぬ事態に驚きを隠せないようだが、同時に喜びも爆発させていた。

 また「YY SHOP」のスタッフも「多数の問い合わせや予約をいただいており、亀梨さんが使用していたサイズは欠品状態です。それより一回り小さいサイズでしたらまだ在庫はありますが、おそらく(品切れになるのは)時間の問題です」と話す。

 この時点でゲットできたファンはラッキーだが、もし今後ぬいぐるみの製造が行われなければ、“幻の亀梨グッズ”が誕生することに。誰もが想像しなかった“カメ人気”だが、これもやはり亀梨の人気のなせるワザだろうか。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング