嵐・二宮和也が本気でダメ出し!? 松本潤のズレた「お土産センス」

サイゾーウーマン / 2013年6月16日 9時0分

 「僕は四月、勉強期間でした!」

 こんな書き出しで始まった、ジャニーズ事務所の公式携帯サイト「ジャニーズウェブ」に連載中の嵐・松本潤の「Enjoy」。昨年には、ファン投票型ライブ『アラフェス』を開催するにあたって、相葉雅紀、大野智らとニューヨークを訪れたことが記憶に新しいが、どうやら今回もエンターテインメントの勉強のため、海外に旅立ったようだ。

「初めてのパリ、ロンドンは刺激的な旅でした!」
「芸術、エンターテインメントから本当にたくさんの刺激をもらった旅でした!」

 ルーブル美術館、ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院などの定番スポットのほか、街ゆく人々や歴史ある街並みからも刺激を受けた様子が興奮気味につづられており、充実した旅行だったことがうかがえる。昨年、ニューヨークで体験したことを『アラフェス』に還元したように、今回も「これからの嵐に、しっかりカタチにしていきたい」と、やる気満々なのが頼もしい。

 また嵐といえば、旅行の度にメンバーにお土産を買うのがお約束。今回も早速、二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ『BAY STORM』(bayfm)に「松潤が海外旅行したようですが、何かお土産もらいましたか?」という質問が寄せられた。ちなみに、今回の同行者である大野は「ロンドンで買ったビートルズって書いてあるTシャツ」を自分とメンバー用に購入したそう。さて、松潤はメンバーに何を買ったかというと……

「お土産ね……フラッシュメモリーもらいましたよ。ありがとうございます」

 と、ある意味そっけない言葉に続き、

「うれしいけどね? ああいうのしか売ってなかったのかな? と思います」
 
 という、ちょっとした問題発言。どうやら『スターウォーズ』のダース・ベイダーを模したフラッシュメモリーをもらったようなのだが、

「キャラもんのフラッシュメモリーで難しいのはさ、パソコン斜めになっちゃうでしょ? こんだけ(パソコンの本体が)薄くなると」
「今こんだけ軽量化だとか薄型だっていう時代にさ、ボコボコしたダースベイダー挿すとさ、もうパソコンが端末折れちゃうんじゃないかっていうくらいになるね!」

 と、松本が購入したのは、かなり立体的なフラッシュメモリーだったよう。確かに、デスクトップ型のパソコンなら問題ないだろうが、薄型化が進む昨今のノートパソコンには不向きかもしれない。松本としては、よかれと思ったお土産が裏目に出た格好だが、

「でも、いや、気持ちね! 気持ち気持ち!」

 と、最後にはしっかりフォローしていた二宮。実際使うかどうかは別にして、お土産を買ってきてくれた気持ちは確かにうれしいだろう。

 そして、ここで思い出すのが、数年前に松本が二宮の誕生日に贈った「ドラゴンクエストのジグソーパズル」(既報)。「二宮は忙しいだろうから」と、せっせと完成させてプレゼントしたのだが、「ジグソーパズルの楽しみをほとんど奪っているのでは?」と疑問を抱くファンも多かったのではないだろうか。しかしそれも、松本的にはよかれと思っての行動だったのだろう。

 大野が購入したTシャツといい、どことなくお土産センスがズレている気がしなくもない嵐たち。今後も個性が伝わるプレゼントの報告、お待ちしてます!

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング