「SMAP、嵐で1,000万円は下らない」スキャンダル写真の取り引き事情

サイゾーウーマン / 2013年6月20日 9時0分

 AKB48選抜総選挙目前の先月末、「週刊新潮」(新潮社)にてAKB48創始者の1人であり、「office48」 代表取締役の芝幸太郎氏が山口組関係者と並んで写っている写真が掲載された。

 2011年には、お笑い界の頂点にいた島田紳助がヤクザとの交際を理由に芸能界を電撃引退。その後、週刊誌で紳助と暴力団の大幹部が並んでいる写真がスクープされたのは記憶に新しい。

「あれは警察関係者から流れた資料だといわれてます。当時の安藤隆春警察庁長官は暴力団対策に並々ならぬ決意を持ち、各都道府県では次々と暴力団排除条例が施行されていきました。そんな中、『ヤクザとの交際が原因で有名人が引退に追い込まれた』というのは、暴力団排除運動の格好の宣伝材料ですからね、そこでかつてガサ入れで手に入れた写真をマスコミ関係者に流したというんです」(関西大手紙社会部記者)

 芸能人にとって、暴力団との交際を匂わせる写真はひとたび日の目を見たら致命的な存在である。それゆえ業界関係者はこういう写真を「黒い宣材写真」と呼んでいる。

■「黒い宣材写真」は組織の資金源に

 民放テレビ局にもほど近い、都内に事務所を構える男性A氏の仕事は表向きは人材派遣業だが、その実態は関東の老舗組織の組員だ。このA氏のシノギ(収入源)がまさに黒い宣材写真なのだ。一体どうやって黒い宣材写真をA氏は入手しているのか。ヤクザの収入源として成立するほどのカネが動いているということは、やはりマスコミに写真を売って金銭を得ているのだろうか。A氏本人に聞いてみた。

「パーティー会場とかね、業界関係者の打ち上げなんかの席でさ、有名人がいたら何をおいても近づいてくのさ。どんな芸能人でも笑顔と誠意で接すれば写真撮ってくれるんだよ。人間ねぇ、やっぱ笑顔が一番大事だね(笑)。マスコミに売る? しない、しない、マスコミ相手じゃ儲からないからやんない。マスコミに売るなんて発想する奴はゴマンといるから、競合が激しくて写真も買い叩かれてしまうのよ。まだ景気が良かった10年以上前なら、写真週刊誌に渡せば200~300万円は堅かったけど、今じゃ大物有名人でも50万円以下だよ。スポーツ選手の写真は今でも週刊誌で需要があるみたいだけどね、でもあの有名なボクサー一家と大物ヤクザの写真が数十万円にしかならなかったっていうし。意外性が足りんかったんだろうな(笑)」

 となると売り込み先はどこなのだろうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング